Found MUJI

#296 バッチャン焼き

バッチャン村は、ベトナムの首都ハノイから車で南東方面へ約30分ほど行ったところに位置する焼きものの村です。

近くを流れるホン川周辺から採れる良質な土で作られたバッチャン焼は、かつて安土桃山時代には"安あんなんやき南焼"と呼ばれ、日本の茶人にも好まれました。

幸せを運ぶと言われるトンボ柄の絵付けは、日本からの注文で描かれるようになったそうで、今ではすっかりバッチャン焼の代表的な柄です。今でも100以上の窯が存在し、村人の多くが窯ようぎょう業に関わっています。





深鉢約直径22.5×高さ10cm 税込1200円
深鉢
約直径19×高さ7.5cm 税込950円
深鉢
約直径16.5×高さ6.5cm 税込750円

浅鉢約直径22.5×高さ7.5cm 税込1300円
浅鉢
約直径20.5×高さ6.5cm 税込1200円

約直径19.5×高さ9cm 税込1200円
約直径17.5×高さ7.5cm 税込990円

約直径11.5×高さ5.5cm 税込290円
小皿
約直径13×高さ2cm 税込250円

Found MUJI アジアの食(PDF:3.3MB)