Found MUJI

#292 バルキージャガード織物

様々な模様を織る技術を持つ群馬県桐生市は、古くから絹織物やジャガード織物の産地として繁栄してきました。

昨今ではウールのジャガード織物も多く見られます。

ふっくらと緩やかな表情を持ち、立体的な仕上がりのバルキージャガード織物は、地と柄の部分にそれぞれ異なる織組織を用いることで、素材や技法がより強調されています。

さらに、仕上げの縮絨工程により、織物が膨らんだり縮んだりと立体的な表情が現れます。職人の試行錯誤と緻密な計算によりうまれた生地です。





クッションカバー・グレー43×43cm 税込5,990円
クッションカバー・キャラメル
43×43cm 税込5,990円

手提げ・グレー31 ×27cm 税込3,990円
手提げ・キャラメル
31 ×27cm 税込3,990円

スロー・グレー52 ×180cm 税込9,990円
スロー・キャラメル
52 ×180cm 税込9,990円

Found MUJI 日本の布 リーフレット/Japanese Textiles 3: Local Environs, Local Touch(PDF:7.1MB)