Found MUJI

#199 集う、食べる、飲む、喋る、、、

9月11日(金)の夜、Found MUJI青山にて料理研究家 長尾智子さんをお迎えし、"BASQUE"企画のレセプションパーティーを開催しました。

長雨が続いた今年の秋のはじまり。しかし、この日は美しい青空が広がり、穏やかで心地よい晴れの日となりました。

店内1階では、長尾さんと訪れた今回の旅で見つけた、バスクの生活に長年寄り添ってきた、たくさんの生活用品をご紹介。食卓に欠かせない食器やボデガと呼ばれるグラス、伝統的なストライプ模様のクロスなどを集めました。

また2階では、バスク地方のチャコリ(微発泡白ワイン)とともに、バスク料理の代名詞のようなフィンガーフード、ピンチョスをご来店のお客さまに味わっていただきました。
スペイン産のサラミにぱらりと唐辛子をトッピング。 "Espelette(エスペレット)"と呼ばれる唐辛子は、フランス エスペレット村の名産品です。ぴりりとした辛みの中にも旨みを感じる、バスク料理には欠かせない香辛料です。

人々が集い、食べ、飲み、喋る、、、
店内はひととき、バスクのバルさながらの雰囲気につつまれました。

今回のリーフレットは、長尾さん監修による伝統的なバスク料理のレシピを載せたスペシャル仕様。伝統的なテーブルウェアとともに、素朴な味わいと雰囲気をご自宅で再現してみてはいかがでしょうか?

※"BASQUE"のリーフレットは、Found MUJIのブログ #198からもご覧いただけます。