Found MUJI

#195 Found MUJI 音の実験室

8/8の夜、Found MUJI 青山にて音楽家の宮内優里さんをおむかえし、夕涼みライブ「Found MUJI 音の実験室」を開催しました。

少し涼しさが感じられる夏の夕暮れ、棚にたくさんの商品を並べ、ライブが始まりました。その場で音を録音しながらたった1人で曲をつくりあげる宮内さんのライブスタイル。この日は特別に、Found MUJI 青山で販売している商品が奏でる音を録音して曲づくりに挑戦です。

棚に並んだ商品を店長の解説付でご紹介し、ひとつづつ録音していきました。例えばガラスジャーは、フタを開けるときの「ポン」という音。しっかり密閉されているから開くとき勢いのよい音がします。大きさ違いのフライパンをヘラで叩くと、からりとした音が音階を奏でます。土の鳩笛の優しい鳴き声や、来場者の手拍子も音楽に華を添えました。

「しっかりした造りの物は、いい音が鳴る」という、宮内さんの一言。そんな視点で使うものを選ぶのも楽しいですね。

ライブ中録音した「Found MUJI の音」は、後日編集してひとつの曲になりました。
下記のURLより自由にダウンロードしてお楽しみいただけます。
http://www.miyauchiyuri.com/foundmuji.html

心地よい音楽の中に隠れている「Found MUJI の音」。音探しをしながら聴いてみてください。

【音楽制作に使用したもの】
「テリーヌジャー」フランス製
「ブリキ組上缶」日本製
「スチール工具箱」日本製
「杉材大工道具箱・小」日本製
「メジャー・水平器付」ドイツ製
「アルミフライパン」日本製
「下川原焼土人形 鳩笛」日本製(青森)
「鳩時計・大」※Found MUJI限定ではありません。
「お越し下さったみなさんの手拍子」

宮内優里 | MIYAUCHI YÛRI
音楽家。1983年生まれ。
これまでに5作品のアルバムをRallye Labelよりリリース。アルバムには高橋幸宏、原田知世、小山田圭吾、星野源等をはじめ、国内外問わず様々なアーティストとのコラボレーション作品を収録。2013年にはFUJI ROCK FESTIVAL'13にも出演。自身の活動以外にもTYTYT(高橋幸宏+宮内優里+高野寛+権藤知彦)としての活動、国内外のアーティストのプロデュース、リミックス、映画・ドラマ・CMへの楽曲提供など、活動の幅を広げている。
[公式サイト]http://www.miyauchiyuri.com