Found MUJI

#056 YOTA KAKUDA DESIGN

Found MUJI青山にて6週にわたり開催してきた「2DAY SHOWS」。最終回の7月14日(土)と7月15日(日)は、プロダクトデザイナーの角田陽太さん(YOTA KAKUDA DESIGN)。

プロダクトデザイナーとして、インテリアや雑貨などのデザインを手がける角田陽太さん。今回は、ファッションデザイナーの小林雄一さんと共同でデザインした「mallbgolloic」のシャツに、会津の作陶家・五十嵐元次さんが制作した白磁のボタンをつけた「白磁ボタンシャツ」を販売しました。

生地、パターン、縫製と、全てにおいてこだわり抜かれたプレーンなシャツに縫い付けられた、ほのかに青みがかった白磁ボタン。生地とのわずかな色のコントラストと着た時に感じる少しの重みが、ボタンの存在感をより一層引き立てます。
磁土で作られたボタンはシャツに合わせてデザインされており、釉薬をできるだけ薄くかけて作られています。正円ではない形、少しずれた穴。工業製品にはない、独特のゆがみと風合いが特長です。

ショーウィンドウは、アンティークのミシンと什器を設置し、シャツをシンプルに展示しました。テーブルには白磁ボタンを丁寧に並べ、ひとつひとつ微妙に異なる表情を楽しみながらお選びいただけるようにディスプレイしました。(白磁ボタン単品はご好評につき完売いたしました。ご了承ください。)
角田さんのショーウィンドウと1階の売り場は、7月20日(金)までとなっております。是非ご来店ください。



角田陽太
1979年生まれ。2003年に渡英。2007年、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)デザインプロダクト学科を修了。2008年に帰国後、無印良品のプロダクトデザイナーを経て、2011年にYOTA KAKUDA DESIGN設立。
http://www.yotakakuda.com/