みんなの文具 こどもの頃からノートやペンはずっと無印良品…そんな方はいませんか。いくつになっても手放せない、愛しの文房具を一緒につくりましょう。
商品化までのステップ
アンケート
アンケート結果
A4ノート発売

モノづくりプロジェクト[生活雑貨]トップへ戻る
アンケート結果 ノートについてのリクエストが集まりました
勉強や仕事で毎日使っているノートについて、アンケートの結果をご紹介します。
はたしてどのようなノートが求められているのでしょうか。
25,438名のMUJI.netメンバーの皆さまから寄せられた現状とリクエストを、それぞれまとめました。
現在お使いのノートについて
現状 A4・B5サイズへの高い需要

今回のアンケートでは、勉強用のノートと仕事用のノートに分けて、それぞれ同じ質問に答えていただきました。

結果として、ノート選びの“肝”は、勉強用も仕事用も、同じような傾向が見られたようです。

まず、ノートを選ぶ時に重視する項目について伺った結果を、以下にまとめました。ご覧のとおり、勉強用、仕事用ともに、最も多くの人が検討するのは「サイズ」で、いずれも8割以上の方が基準にすると答えています。逆に、「機能」や「色」といった付加的な要素は、それほど重視する人が多くないこともわかります。

ノートを選ぶ基準は?

勉強用と仕事用の回答を比べると、順位こそ同じであれ、勉強用ノートの方がそれぞれの項目について、より高いパーセンテージを示しています。勉強用ノートを探すときの方が、ノート選びのチェックポイントに対するハードルは高いのかもしれません。特に、「値段」においては科目別に数をそろえる必要からか、仕事用ノートに比べて、15%以上も高くなっています。

続いて、最も重要視される選択の基準「サイズ」について、さらに詳しく迫ります。

勉強用ノートのサイズは?

アンケートでは、現在お使いのノートのサイズ、および、これからほしいノートのサイズについて、それぞれお伺いしました。

まず、勉強用ノートについての結果は、上表のようになりました。現在使っているサイズでは、B5が48.5%の6,351人で最も多くの回答を集め、次いでA4が、全体の46.2%にあたる6,042人で続いています。また、併用も含めた質問にも関わらず、B6やA6といった小さなサイズのノートは、勉強用として使われる機会が少ないこともわかります。

一方、勉強用にほしいノートでは、A4が全体の59.2%にあたる7,747人の支持を集め、B5の6,513人(49.8%)を超える結果となりました。コピー資料などとの大きさがそろえやすい、1ページに書き込める量が多い、などの点から、大判のA4ノートが人気を集めています。

仕事用ノートのサイズは?

A4サイズへの支持は、仕事用ノートへのリクエストにおいて、さらに顕著となりました。アンケートの結果では上表にあるとおり、使っているノート、ほしいノートのいずれの項目においても、A4が最も多い回答を集めています。

ただし、勉強用に比べると、仕事用ノートは使っているサイズもほしいサイズも、比較的、票が割れています。支持率で最も高い数値を示したA4も勉強用に比べると、使っている方の比率は41.5%、ほしい方では47.3%と、やや低い数値どまり。一方、3番手のA5については、勉強に使っていると答えた方の割合が29.4%だったのに対し、仕事用では34.4%と、より高くなっています。A6やB6といった小型のノートも、勉強用に比べると、多くの支持を示しています。

ひとことに仕事で使うノートと括っても、アイデアをスケッチするノートから、出先に携帯するメモ用のノートまで、使われるシチュエーションは千差万別です。そういった仕事用ノートに求められる多様性が、サイズの調査結果にも反映されているようです。

お客様の声
メモ代わりにA5サイズのノートを持ち歩いているが、表紙が厚紙にビニールコーティングなので、バッグの中でもグチャグチャにならず、しっかり収まる点が満足! インデックス付きで大きさも丁度良く、重宝しています。
無印良品の5冊入りのA4サイズのノートは、お値段も安くシンプルで子供っぽくないので、お稽古で使っていると「どこの?」と聞かれます。安くてデザインが良いのが自慢です。
(30代後半/主婦)
A4に統一することで、コピーして資料をつくりやすい。手帳もA4幅なので さしこみがしやすい。
(50代後半/会社員・公務員)
A4サイズのノートは一般的な教科書より少し大きいが、書くときに書きやすく、程よく内容を左右のページで見渡せるところがよい。あと、それ以上大きいサイズになるとかばんに入らなくなる。
(30代前半/会社員・公務員)
A4であることが何より重要。PCで作成する書類がA4なので、同じ規格で保存できる。とりわけ社会人で勉強している人はそうなのでは? 表紙がプラスチック素材であるため、鞄に入れて持ち歩いても、紙の端がいたまない。
(40代前半/会社員・公務員)
学生ではなく社会人ですが、語学の勉強のため、使っています。学生が使っているB5サイズなどはかさばるため、かばんに入れてもいいサイズを選んでいます。
(30代後半/その他)
授業用はB5を使っていますが、方眼ノートはグラフや図を書く時に重宝しています。卒業研究用にA4サイズも併用していますが、PCからプリンター印刷した文章や図をそのまま貼り付けたり挟んだりできる(切ったり折ったりしなくていい)ので重宝しています。
(20代前半/学生)
勉強のノートは明るい色、現在使っているのは、ピンクとイエロー、オレンジなどのビタミンカラーにしています。明るい色でやる気と楽しさを感じられるようにと選んでいます。それと、リングタイプのノートが個人的には使いやすいです。しっかり広げて2ページ同時に見ることもできるし、折り返して、B5の大きさにして場所を取らないようにも使えるので…。
(40代前半/会社員・公務員)
A4、B5サイズがあれば十分。会議用、外で使う用、バッグ用、クライアント用などさまざまにわけて使ってます。
(20代後半/会社員・公務員)
今、使っているA4のものは切り取り線が入っていて、切り離せるので、他の書類と一緒に閉じこんだり、コピーしたりしやすい。方眼紙は、縦横ともに文字がそろうし、図も描きやすいので、必ず方眼紙にしている。一方、A5のほうは、手帳兼ノートとして使用。こちらも方眼紙。持ち歩いているので、いつでも記入できて便利。
(30代前半/会社員・公務員)
A4版の方眼目を使っています。罫線タイプより線にとらわれない点、コピーをとるときにきれいに取れる点が気に入っています。以前は、40枚の物を使っていましたが、2ヶ月程度でいっぱいになってしまうので、ページ数が多い点も気に入っています。リング綴りなので、折り返して使用ができ、来客時も以前書いたことを見られなくてすみます。
(40代後半/会社員・公務員)
ページのトップへ戻る↑

リクエスト 仕事で使うなら“ペン挿し”付き

アンケートでは、勉強用と仕事用それぞれについて、ノートにつけてほしい機能についても、お聞きしました。

まず、勉強用ノートにほしい機能で最も高い支持を集めたのは「書き心地」。半数を超える53.5%の方が希望しています。しかも、下表にあらわれているとおり、その他の項目を大きく引き離して、リクエストが集中しているのも特徴です。この結果から、勉強用ノートでは、なにより書き心地の良さが求められているのだと考えられます。

勉強用ノートにほしい機能は?

ちなみに、ほしい機能で2番目に高い支持を集めたのは、表などの作成に便利な「ドット罫線(上下)」。こちらも「書き心地」同様、ノートへ書き取る行為そのものをサポートした機能です。

これらの傾向から、勉強用ノートでは、まず第一に書くこと自体の快適さが求められ、「しおり」「ペン挿し」「ゴム留め」といったアクセサリーの充実は、若干優先度が下がる、と読み取ることができます。

お客様の声
他のノートですと、表紙がごちゃごちゃしていたり、用紙の上部に「DATE」や「No.」欄があったりしますが、それらは必要ありません。ですが、無印良品の5冊組シングルリングノートには横罫のものしかなく、方眼・ドット方眼のノートも販売していただけると、科目によっては使いやすいと思います。
(20代前半/学生)
A4の無地でめくりやすいノートがほしいです。A4ノートはあまり流行っていませんが、広々と書くことで勉強の効率が上がります。授業中は教師の話などを書きなぐるので罫線を気にしないで書ける無地がいいです。粗めのドット方眼でもいいかもしれません。リングノートですがリングを強化してほしいです。それから「自分で作る単語帳ノート」がほしいです。サイズは持ち運びやすいA6かB6がいいと思います。受験生に流行るのではないでしょうか。
(10代/学生)
今は学習でも、仕事でも付箋紙が必需品。それがノートのどこかに保存できるといい。
(50代前半/会社員・公務員)
大きさはA4サイズのノートなんだけど、中の紙のサイズはA3サイズに広がるようなものがあると、話し合いやスケッチをするときに話も広がりそう。
(30代前半/会社員・公務員)
何冊も貯まった時に達成感が得られる、背表紙。たとえば、10冊そろって何かの絵が見える。
(30代後半/パート・アルバイト)
見たいページがスマートにわかるもの。
パラパラ開くとアロマの香り。(数学はレモングラスなど、ノートごとにわけたい)
(30代前半/その他)
ゴム留めは便利だが、書くときに金具部分がぼこぼこしてしまう。分厚いノートでないとゴムによってノートが丸まってしまう。
リング式は長期保存するとサビみたいになってしまう。捨てるときもリングを外して分別するのが大変なので、ビニールコーティングするとか、リングを外してそのままファイリングできるようにするとかしてほしい。狭い机でノートを取る時、見開きでなくリング式のように半分に折って使っているが、どうしても破れてしまうので、「省スペースでも使える糸綴じノート」が欲しい。
(20代後半/学生)
MUJIらしさ(デザイン)。とがった芯でも引っかからない紙質。見やすい色の横罫。ドットは入れてもいいが、目立ちにくいドットにしてほしい。トレンド感のある表紙。つるつるしない紙質。蛍光ペンの発色がよい紙質。糊で別の紙を張り付けやすい紙質。
(30代前半/会社員・公務員)
いつも表紙の後ろに使い古しの封筒を貼って、ポケット代わりにしています。ちょっとした資料をノートに貼るまでの保管場所として重宝しているのですが、何分にも見た目が悪いので、あらかじめついているといいなぁと思います。ノートを家計簿にしたときにも、レシートや明細の保管場所として便利です。
(30代前半/会社員・公務員)

一方、仕事用ノートへのリクエストでは、勉強用ではそれほど期待の高くなかったアクセサリーの充実について、ぐっと支持率が高くなります。

ほしい機能のうち、トップに立ったのは勉強用同様、「書き心地」でした。ただし、勉強用で半数以上の支持を得て、圧倒的に他を引き離していたのに比べると、仕事用では下のグラフで見られるように、それほど抜きんでた支持ではないこともわかります。

仕事用ノートにほしい機能は?

続く第2位以下へ支持されたのは順に、「インデックス」「ペン挿し」「ゴム留め」。いずれも、付加的なアクセサリーとしての機能です。特に勉強用と比較して支持の差が顕著だったのは「ペン挿し」で、勉強用においては19.0%どまりだったのに対し、仕事用では30.3%にまで伸びています。

机に向かって、同じ体勢で書き続ける勉強用ノートに比べると、仕事用ノートは筆記具ともども持ち歩いて使うシチュエーションが多いと想定されます。今回のアンケート結果には、そういった使われ方の違いも垣間見えるようです。

お客様の声
他のものにはない工夫があり、かつ比較的安いことを望みます。ペンさしがあるノートなど便利だと思います。 値段は200円以下を希望しますが、もし何かしら便利な機能(後ろに手帳みたいに地下鉄の路線図や小さなカレンダーやポケットがついているなど)がついていれば、もうちょっと高くとも買いたいです。 あと、子供がいる人に便利なノート(具体的には今思いつきませんが)があればいいなと思います。
(30代後半/会社員・公務員)
クライアント先にてノートPCでデモを行うときマウスパットがないため、ノート(バインダー)はマウスパット代わりになる商品があればいい。特にPCでデモをおこなうときに必ず重宝すると思います。
(40代前半/会社員・公務員)
A4サイズのノートで、片側は横罫やドットになっていて、もう反対側は写真やパンフレット、サンプルなどが入れられるポケットがついているもの。
(30代前半/パート・アルバイト)
リングノートで、リングの部分が手に当たっても邪魔にならないようなものができたら、さらに使いやすいです。
(30代前半/パート・アルバイト)
シンプルで、いつも同じものが手に入ることが第一条件。そして書き心地がよく罫線が邪魔にならないものがいいです。機能を付けることでかさばったり、収納しづらくなるものは要りません。
(30代後半/会社員・公務員)
ミーティングなどで使用することが多いので、書く時にコンパクトになるもの・日付記入欄や日付の書けるインデックス付きがあれば、後から確認したい時に便利かなぁと思います。
(40代前半/会社員・公務員)
ページのトップへ戻る↑

次回予告 A4サイズも登場! ノートの開発レポートをお届けします

「ノートアンケート」の結果報告、いかがでしたか。

さて、無印良品のステーショナリー開発チームは今回のアンケート結果を受け、さっそく高い支持を得たA4サイズを中心に、皆さまのリクエストを活かしたノートの開発に取りかかります。
2009年11月更新の次回は、ノート開発の途中経過をレポートする予定です。

次回の更新を、お楽しみに!

アンケート A4ノート発売