みんなの文具 こどもの頃からノートやペンはずっと無印良品…そんな方はいませんか。いくつになっても手放せない、愛しの文房具を一緒につくりましょう。
スケジュール帳の活用法
使い方募集&スタッフ使用例紹介
新作おすすめ提案1 予定の整理
新作おすすめ提案2 数字の管理
新作おすすめ提案3 備忘録
新作おすすめ提案4 日々の記録
みんなの使い方投稿1 オレフィンカバーシリーズ
みんなの使い方投稿2 ポリプロピレンカバーシリーズ
みんなの使い方投稿3 文庫本シリーズ
日付の書き込めるスケジュール帳発売
2010年版スケジュール帳発売

モノづくりプロジェクト[生活雑貨]トップへ戻る
MUJI.netメンバーの“小技”投稿が大集合
無印良品のスケジュール帳、このように使います
みんなの使い方
投稿紹介 第2弾
ポリプロピレンカバーデスクノート
&ポリプロピレンカバースケジュール
前回に引き続き、モノづくりコミュニティーに寄せられたスケジュール帳の便利な使い方をご紹介します。
連載第2弾の今回は、ポリプロピレンカバーデスクノート&ポリプロピレンカバースケジュールについて、特色あふれる活用法を選りすぐりました。
時間管理に適したバーチカルタイプのロングラン・デザイン
「ポリプロピレンカバーデスクノート」&「ポリプロピレンカバースケジュール」

ポリプロピレン素材の表紙、大きなダブルリング綴じ、バーチカル(縦割り)タイプの書き込み欄を備えた予定表として長くおなじみの定番スケジュール帳が、ポリプロピレンカバーデスクノートと、ポリプロピレンカバースケジュールです。
バーチカルタイプならではの時間管理に強いのが特長で、上下見開きで1週間が横に並んだデスクノートと、左右見開き2ページで1週間をまとめたスケジュールの2デザインがそろいます。
半透明の表紙は、水ぬれや汚れに強いのはもちろん、ポストカードを挟んだり、シールを貼ったりして、アレンジも楽しめます。背表紙のリングにペンを差し込むこともできます。 デスクノートは、上下に開く横長のデザインです。スケジュール面を前にして、卓上カレンダーのように使うこともできます。シチュエーションに応じて、3タイプの大きさから選べます。 スケジュールは、左右開きの見開き1週間タイプです。土日欄が小さいため、ウィークデーの予定を重点的に管理したい使い方に向いています。サイズはA5とA6の2種類です。
ページのトップへ戻る↑
隅から隅まで使いこなす秀逸な小技が大集合
担当者が選んだ、イチ押しアイデアをご紹介します
投稿紹介第2弾の今回は、バーチカル(縦軸)タイプのポリプロピレンカバーデスクノート&スケジュールに寄せられた、アイデアあふれる使い方をお届けします。
「ポリプロピレンカバーデスクノート」アイデア投稿
予定管理のアイデア
個人ではもちろん、職場や家族でスケジュールを共有する使い方も多く寄せられました。

予定とTo Do リストを書き込んで、終了すると蛍光ペンで消し込み。終わらないと翌日に矢印(→)をつけてまわす、といった使い方をしています。常にデスクの上に置いて、該当ページを見られるようにしています。カレンダーの裏側の余白の部分はメモ帳に。これ一冊で仕事ができます。

(34歳女性/会社員・公務員)

1週間が横に並んだレイアウトなので、持ち越しの予定を矢印で引っ張ると、経緯が一目でわかり便利です。

1日3回のwebのアップデートのスケジュールを時間別に記入して、卓上に置いてあります。3人のweb管理者で、いつでも見ることができるので便利です。カレンダーの裏というか、カレンダーの上のノートに細かな指示を書くことができるのも良いです。

(42歳女性/会社員・公務員)

横に長いデスクノートは、カレンダーのように立てかけておきやすいかたちが特長です。皆が見やすい場所にぴったりです。

このスケジュール帳は、家族の集まるダイニングルームに置いており、無印良品の「6色ボールペン」を添付しています。スケジュールを書き込むときに、お父さんの用事は青色、お母さんのはオレンジ色、お兄ちゃんのは水色、妹のはピンク。家族みんなに関係することは黒色、お父さんのお休みは赤色でマーク。
見ていて判りやすいのと、カラフルでかわいいのとで、一石二鳥です。

(37歳女性/主婦)

職場だけでなく、おうちでも家族で共有する予定帳にぴったりです。シンプルなので、カラフルな色遣いが映えます。
ページのトップへ戻る↑
ウィークリーカレンダー
個性的なかたちが、さまざまなシチュエーションで意外な使いやすさを発揮します。

カレンダー代わりに、小さめの卓上のものを使用しています。マス目が広く、書き込みもしやすいので使いやすいです。朝出かける前には、必ずと言っていいほど目を通し、1日の予定を確認するのに便利です。会社の卓上カレンダーには仕事のことを書いて、自宅の卓上にはプライベート予定を書いてます。
おおざっぱな性格なので、手帳も長続きせず……卓上ならこの一年続きました! 来年用もぜひ買いたいです。

(24歳女性/会社員・公務員)

ウィークリーの卓上カレンダーとして使っている方が多数。手帳での書き込みが続かない方にもおすすめです。

夫婦共働きで子どももいるため、お互い家庭内のスケジュール調整に1冊を共用して使っています。たとえば、子どもの病院受診をどちらがするかや、幼稚園のお迎えはどちらが行けるか、飲み会や会議で遅くなる日なども書き込んで担当を決めます。わりと早い者勝ちということもありますが、後で「言った、言わない」でけんかになることはありません。
下の方には夕飯の献立を書き、メニューに迷ったときに以前の献立を見てローテーションを決めるのにも役立っています。指定の置き場はダイニングです。

(41歳女性/パート・アルバイト)

必ず立ち寄るダイニングに置いてあることで、当番や約束事などの、すれ違いやうっかり忘れを防げます。

中学二年生の娘の家庭教師が日曜日の午前中に来るので、1週間分の宿題スケジュールを記入してもらっています。今までは1週間でこれだけという宿題の指定でしたが、これを使って毎日書き込んでもらっているため、娘もわかりやすく、できたものをチェックしています。
これだと、1週間のうちで、次回先生が来るまでに、どれだけのことが残っているかが一目瞭然です。それに、毎日でもやらないといけませんから、怠け者の娘にはぴったりです。裏には、テスト勉強のやるべきことを書き連ねたりしています。勉強机の上でも幅を取らないため、常に置いております。
この1週間のスケジュール帳のおかげで、随分勉強の効率も上がりました。

(47歳女性/主婦)

1週間のノルマを日ごとにあらかじめ記入しておく、To Do リストに近い用途です。お子さまの勉強用カレンダーに。
ページのトップへ戻る↑
献立帳のアイデア
バーチカルの罫線をノートとして利用した使い方から、キッチンでの活用法をお届けします。

1週間の献立を上のほうに書き、下のほうに買い足す食材を書いて、買い物に持って行きます。買い物も合理的になり、無駄な買い物をなくすことができそうです。カバーが水にぬれないので、台所に持ち込んで使うのにも向いていると思います。

(33歳女性/主婦)

固くて丈夫なポリプロピレンの表紙なので、水回りでも、お買い物バッグの中でも、気兼ねせずに持ち歩けます。

三食の食事計画を立てるのに使っています。朝食、昼食、夕食と献立を1週間のスパンで考えて記入。近所で買える物と離れた商店街やデパートでないと揃わない食料品を抜き書きして、欄外にそれを記入。こうすることで買い忘れや使い忘れも減り、1週間バランスよく献立が組めて便利。
記入したページを一番前にして冷蔵庫の前につるしてあるので、家族もそれを見て、自分の昼食と夕食のメニューが重ならないようにしています。

(51歳女性/パート・アルバイト)

1週間分の献立をまとめて考えて、そのまま掲示。家族が必ず立ち寄る冷蔵庫につるしておくのも、よいアイデアです。

スケジュール帳とは別に、シンプルでおしゃれなので、カレンダーとして利用していました。また、その日に食べたものや料理したものなどを記録して、食事のバランスを見るための食事日記帳としても使っていました。
そうすると、何をいつ食べたかがわかり、買い物やバランスのよい食事づくりにとても役立ちました。
最近、レコーディングダイエットが流行っているので、スケジュール帳とは別に1冊レコーディング用に使ってもいいのではないかと思います。

(35歳女性/主婦)

献立の予定だけではなく、つくった料理や食べたものの記録にも大活躍します。キッチンに置いて、積極的な食の管理を。
ページのトップへ戻る↑
「ポリプロピレンカバースケジュール」
アイデア投稿
時間書き込みのアイデア
バーチカルならではの特性を活かして、時間に沿った記録をつけられます。

時間ごとに何をしたか書き込めるので、その日あったことを振り返るのに、このタイプだと使いやすい。あいた部分に感想などを書き込め、プチ日記も兼ねて使っています。

(36歳女性/主婦)

予定を書き込むだけではなく、時間ごとに1日を振り返る日記としても、おすすめです。文章を書くのが億劫な方に。

私は、ポリプロピレンカバースケジュールを家計簿みたいにして、お金の流れを記録しています。何時ごろ何にいくら使ったかを書くだけなので、行間もちょうどよく役に立っています。土日の欄が小さいのも意外に気にならないです。

(21歳女性/学生)

時間に沿って支出を書き込むと、結果的に1日の流れも残せます。家計簿の記録が行動録も兼ねるという、秀逸なアイデアです。

予定はアポイントなどだけでなく、やらなければならないことなども時間をきめて、縦に矢印を入れます。「どうしようかな」と迷っていることも決めて、記入をしてしまわないと、いつまでたってもやりません。予定が決まってから記入するのではなく、先に予定をたてることが、時間活用のコツだと思います。
また、あいているところに□のチェックボックスとTo Do をどんどん書きます。夜遅くの予定はほとんどないので、1日の一番下には、読んだ本と作者名、心に残った言葉を記入します。その作者が薦めている本も書いておくとのちのち、読書の幅もひろがり、そのつながりがわかって楽しいです。

(46歳女性/会社員・公務員)

能動的なスケジュール管理にバーチカルの特色を活かしつつも、時間管理だけの用途にとらわれていない柔軟性が素晴らしいです。
ページのトップへ戻る↑
クライアントの予約管理
時間刻みで仕事を受ける業種の方からは、予約管理にまつわる実践例が寄せられました。

ピアノ教室経営のツールの一つとして使っています。1日を時間単位で細かく区切ってつくってあるので、生徒がレッスンに来る時間が分かるように、区切ってある時間マスに生徒名を書き込みます。そして、名前の横に出席・欠席や変更の印をつけたり、または、終わった生徒の名前の上に二重線横棒で消したり、チェックをつけます。この使い方は、さまざまな個人レッスンの業種にも使えると思います。

(35歳女性/その他)

予定の管理にはもちろんのこと、このように予定が終わるごとにチェックして進捗を確認してゆくと、1日の達成感も得られます。

1時間ごとに書くところがあり、とても役立っています。私はエステサロンを経営しているので、予約のお客様のお時間や話した内容などを書いたり、施術内容も書けます。空き時間も一目瞭然で見やすいです。

(39歳女性/自営業)

空きスペースに細かいメモを残してゆくことで、予約の記録と顧客情報がばらばらにならず、一冊にすっきりとまとまります。

医院の予約表として使っています。縦割りに時間が割ってあって、とても重宝しています。見開きで1週間みえるので、先の予約の埋まり具合も一目瞭然なのが気に入ってます。
ただ、土日が半分なので、コピーして日曜日の分も貼り付けて、土日も1日分として使っています。

(40歳女性/自営業)

清潔感あふれるデザインは医療機関にも向いています。リング綴じなので、コピーを貼りつけても中身が膨れ上がりません。
ページのトップへ戻る↑
カスタマイズのアイデア
記入から、使い勝手まで、思わず目を見張るカスタマイズのアイデアが集まりました。

私はずっと家計簿として使っています。時間で区切ってあるので、その一つ一つを例えば「交通費」「食費」などと決め、記入していきます。縦に見ていくと1日に使った金額、横に見ていくと各項目(食費など)でいくら使ったかなどがわかるので便利です。後ろの方の方眼紙には、毎月の出費のまとめを記入しています。

(34歳女性/会社員・公務員)

時間軸を項目別支出欄にアレンジした家計簿のカスタマイズ。日別(縦軸)と項目別(横軸)の二軸で出費を一覧できます。

リングタイプは写真などを貼り付けて厚みが出ても大丈夫なので、お出かけの写真や子どもの写真を貼ってます。コマ割のようにプリントして写真日記風にも使えると思います(実際やってます)。思い出しやすくて良いです。

(30歳女性/自営業)

バーチカルの記入欄をガイドラインにして、小さな写真日記にカスタマイズ。無駄な装飾がないので、写真がとても映えます。

リングの一番上にミサンガを結んで、紐のしおりにしています。あと、リングをちょっと潰して楕円形にして使っています。リングの手帳は耐久性や開きやすさの面で優れていますが、リングの左側のページが書きにくいというデメリットもあります。リングを楕円にすることで、手帳を開いたときに、リングの張り出しを抑えられると思います。手帳はだいたい毎年リングのものを使うのですが、これをやるとさらに使いやすくなります。

(26歳男性/会社員・公務員)

より使いやすく、リングの形状をカスタマイズ。自ら手を加えることで、いっそう自分好みの使い心地に変えられます。
ページのトップへ戻る↑
商品のご購入はこちら  ネットストア カレンダー&デスクノート
みんなの使い方投稿紹介 第3弾
最終回は文庫本スケジュールノートが登場します
今回お届けした「ポリプロピレンカバーデスクノート」&「ポリプロピレンカバースケジュール」の活用アイデア投稿、いかがでしたか。
連載最終回となる第3弾は、文庫本タイプのデザインで人気の「文庫本スケジュールノート」&「再生紙文庫本スケジュールノート」について、皆さまの声をご紹介します。
どうぞお楽しみに。
投稿紹介第1弾はこちら
投稿紹介第3弾はこちら
新作おすすめ ご提案 スケジュール帳発売