みんなの文具 こどもの頃からノートやペンはずっと無印良品…そんな方はいませんか。いくつになっても手放せない、愛しの文房具を一緒につくりましょう。
スケジュール帳の活用法
使い方募集&スタッフ使用例紹介
新作おすすめ提案1 予定の整理
新作おすすめ提案2 数字の管理
新作おすすめ提案3 備忘録
新作おすすめ提案4 日々の記録
みんなの使い方投稿1 オレフィンカバーシリーズ
みんなの使い方投稿2 ポリプロピレンカバーシリーズ
みんなの使い方投稿3 文庫本シリーズ
日付の書き込めるスケジュール帳発売
2010年版スケジュール帳発売

モノづくりプロジェクト[生活雑貨]トップへ戻る
MUJI.netメンバーの“小技”投稿が大集合
無印良品のスケジュール帳、このように使います
みんなの使い方
投稿紹介 第1弾
オレフィンカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノート
今回からは連載で、MUJI.netメンバーの皆さまから寄せられた、無印良品スケジュール帳の便利な使い方をご紹介します。アイデアを募集したところ、じつに2,850もの投稿が全国の皆さまから集まりました。

連載第1回は、無印良品のスケジュール帳を代表する1冊「オレフィンカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノート」をはじめとした、一連のオレフィンカバーシリーズについて、使いこなしに取り入れたい活用の“小技”を取り上げます。
こだわりの使いやすさ、自由な使い方。無印良品のロングラン商品
「オレフィンカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノート」
オレフィンカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノートは、2002年の発売以降、毎年多くの方に使われ続けてきた、無印良品の定番商品です。
余分な装飾を省き機能に徹したレイアウトと、どのページもすっと開きやすい平綴仕立て、手のひらのホールド感がよいオレフィンカバーなど、使いやすさと自由度の高さを備えています。
サイズはB5、A5、A6の3タイプ。また、同じオレフィンカバーのシリーズには、スリムなマンスリーウィークリー手帳、B7のマンスリーノート、名刺サイズのウィークリースケジュールといった、中身のスペックが異なる“兄弟分”もそろいます。
発売以来変わらない、年号のみがあしらわれたシンプルな表紙が特長。2009年のカラーラインナップは、ダークグレー、白、赤の3色です。 冒頭は前年10月から当年12月までの見開き1か月マンスリーカレンダー。余分な情報や装飾を一切省くことで、使い手の自由な書き込みやカスタマイズに応えます。 後半のウィークリーノート部分は、左側が1週間の日付入りスペース、右側が方眼のフリーノートの組み合わせ。巻末にも方眼のフリーノートがたっぷり付いています。
ページのトップへ戻る↑
隅から隅まで使いこなす秀逸な小技が大集合
担当者が選んだ、イチ押しアイデアをご紹介します
自由度の高い手帳ほど、使い方の幅は広がります。 今回はオレフィンカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノートと、同じオレフィンカバーシリーズの“兄弟分”に寄せられたさまざまなアイデアから、商品担当者のイチ押しアイデアを項目別にまとめました。ぜひ皆さまも、2009年のスケジュール帳を使いこなすエッセンスに取り入れてみてください。
※商品名の表記がないものは、オレフィンカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノート
予定管理のアイデア
どなたにも広く取り入れていただける、日ごとの予定管理に便利な“小技”を選びました。

スケジュールには繰り返しの日程と、単一の日程があります。これを区別して書き込めるよう、一日をふたつに区切って使用しています。同時にもう一つ、スケジュールには仕事とプライベートの日程がありますので、こちらは色分けしています。最後に、スケジュールには重要度が異なる項目がありますので、重要度を示せるようマーカーで印をしております。

(65歳男性/定年退職)

繰り返しの予定と単一の予定をわけて整理するだけでも、効率的なスケジュール管理につながります。マーキングも◎。

まず、予定が入ったら付箋に書いて、マンスリー予定表に貼り付けます。そうすれば延期・中止も自在に変更、移動できます。予定が終わったら付箋をウィークリーページに移動し、感想、メモなどをその日の欄に書き込み、残します。

(47歳女性/専門職/
オレフィンカバーマンスリーウィークリー手帳)

「マンスリー=予定確認、ウィークリー=事実整理」の記入分けはよく寄せられた使用法でした。付箋を活用するアイデアが秀逸です。

仕事の締め切りまでのカウントダウン日数を、マンスリーの右上に記入していきます。ウィークリーにはその日にやっておきたい、最低限の仕事の箇条書きをして、あとは毎日チェックを行っていきます。

(25歳女性/学生/
オレフィンカバーマンスリーウィークリー手帳)

カウントダウン日数をマンスリーで一覧することにより、カレンダー感覚で締め切り管理を取り入れられます。
ページのトップへ戻る↑
時間管理のアイデア
時間単位の管理を書き込む際に便利な、おすすめの実践アイデアをご紹介します。

ウィークリーカレンダーを使って、ゾーンスケジュールによる時間管理を実践中。1時間ごとに目盛を入れ、矢印を引いて予定を記入。重要管理は色付き透明付箋紙を活用。

(41歳男性/会社員・公務員/
オレフィンカバーマンスリーウィークリー手帳)

ゾーンによるスケジュール管理は目で見て捉えやすいのが利点。ウィークリーカレンダーを時間で刻み、矢印などで記入します。

週単位で管理できるページが便利です。1日の中を大きく3つくらいに分けていて、(A)朝一で行う処理、(B)メインの仕事、(C)時間が空いたときの仕事、というように仕切って記入しておきます。

(35歳女性/会社員・公務員)

作業に優先順位をつけ、わかりやすくまとめることで、一日の時間をより有効に段取りしやすくなります。

講師として勤務しているが、マンスリーには担当する学年や授業内容、学校行事などを、ウィークリーには、縦に線を引いて時間割別にして、各時間毎にその時の授業の進行状況や子どもたちの様子などを書き込んでいる。各スケジュールが書きやすく、シンプルな体裁が各学年毎に色別している記述内容をより引き立ててくれ、わかりやすい。

(26歳女性/会社員・公務員)

一定の時間ごとに区切られた予定なら、単位時間ごとに分割線を引き、時間割のようにカスタマイズしてまとめるとすっきりします。
ページのトップへ戻る↑
カスタマイズのアイデア
ポケットを付けたり、表紙を変えたり……自分好みの一冊につくりかえた実践例です。

月間予定表と週間実行表の右上に段差の違う切り込み(はさみで角を切り取る)をつけ、迅速に当月、当週ページを開けられるようにしている。表3対向のグレーの厚紙部分に紙でポケットをつけ名刺入れにしている。革製の文庫本カバーを用いて、一見システム手帳のようにしている。すでに、2009白オレフィンカバーA5、A6を購入したが、A6は革カバーに付け替える予定。

(65歳男性/自営業)

当該ページをすぐに開くアイデアとしては他に、付箋紙を貼る、クリップを挟む、紐を貼ってしおりにする、といった例も寄せられました。

カバーにいろいろ挟んで利用しています。たとえば、様々な大きさの付箋を自分で台紙に貼ったもの。ポイントカード(2枚)。ばんそうこう。クリップ。大事なことは、目立つ色の小さい付箋に書いて日付のところに貼り、済んだらはがします。
また、自分が利用する駅間の所要時間を書き込んだ路線図も、いっしょに挟んで使用しています。

(47歳女性/パート・アルバイト)

カバーを利用して自作のリフィールを収納。小物も移動時間のような情報も、必要なものを必要な量だけ持つのがコツです。

無印良品のスケジュール帳は全てがシンプルなので、外観も中身も自分オリジナルにできるのが特長。表紙、裏表紙ともに写真を転写したり、カラーコピーしてコラージュしたり、絵を描いたり、外見も素敵に自分好みにします! 中身は(ウィークリーであれば)左側に予定を書き込み、右側には一言日記の様に使います。あとは思いついた絵やアイデアもその日、その時に記入! すごくすごく気に入った写真が撮れた時は右側一面に貼ったりします。

(30歳女性/主婦)

世界でひとつのオリジナル表紙は、愛着がわくのはもちろん、どこに置いても一目で見つけやすいメリットもあります。
ページのトップへ戻る↑
よろず帖のアイデア
なんでも一冊に書き込んでしまう、よくばりで楽しい使い方。そんな活用法から生まれた工夫です。

全ての機能を一つの手帳にまとめてます。オン・オフ関係無しに、予定、アイデア、To Do など、とにかく全て手帳に!
最初に書き込むときは、色も大して気にしないで書き込みます。その後、ラインマーカーで、仕事は赤、プライベートは青、などと色で分けます。そうすると、一目でオン・オフの区別も付きますし、面倒くさがりな性格の私でも管理がしやすいです。

(24歳女性/会社員・公務員/
オレフィンカバーマンスリーウィークリースケジュール)

丁寧に…と構えるとかえって記入が億劫になるもの。とにかく書き出してからあとで色分け整理、と割り切るのもテクニックです。

私のスケジュール帳は題して、主婦帳です。マンスリーに予定を記入、ウィークリー左頁は仕事&出来事ノートで、縦半分に区切り、左半分が仕事の記録、右半分がプライベートの記録(嬉しかった事など前向きな記載に努める)。右頁は家事ノート。縦に三分割し、左が家計簿に転記するための支出メモ(主にレシートのない支出)、中が買い物メモ、右がTo Do メモ。空きスペースがあれば、冷蔵庫等をチェックして、在庫食品を書き出す。

(52歳女性/自営業)

同時に多様な用事をこなし続けるのが主婦のスケジュール。項目ごとの書き込みが、毎日の時間管理をサポートします。

1ヶ月のページは、私自身の予定表。見開き1週間のところは、今晩のおかずの記録、簡単な買い物記録、家族の通院記録、気が向いた時だけの一行日記、そして私の読書記録と、半分家計簿、日記? そんな感じでつけてます。freeのページは、趣味のjam、保存食づくりの記録、そして読んでいる本の印象に残った文章や、推理仕立の小説の登場人物の整理などに使っております。手帳を読み返すだけで、その時の匂いがたつような私の香りぷんぷんの、本当に個人的な“私手帳”として愛用しております。

(38歳女性/主婦)

自由な書き込みも、このようにウィークリーは生活周辺、巻末ノートは趣味周辺と、ざっくり傾向を分けておくとメリハリがつきます。
ページのトップへ戻る↑
勉強ノートのアイデア
オレフィンカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノートの特性を勉強に活かした実践例です。

中国語の勉強のため、中国語で書く日記として使っています。先生に中身を見ていただいているので、左に日記、右に先生からの文法上の訂正・注意事項などを書き入れて、日記兼勉強ノートとして使っています。

(33歳女性/会社員・公務員)

日記と語学学習を兼ねた、一石二鳥のアイデアです。ウィークリー&ノートの見開きを上手に活かしています。

就活中に必須でした。まずマンスリーの方に大まかな予定を書く。例えばエントリーシートの締切日(赤)、説明会(緑)、面接(オレンジ)と色分けして会社名を書く。そしてウィークリーの方には説明会の時間や面接の時間を書く。その日に聞かれた面接の質問をノートに書き込み、次回に生かせるようにしました。

(22歳女性/学生)

最初の社会勉強ともいえる就職活動では、どこでも書き込めて自由に持ち歩けるスケジュール帳が頼れる相棒になります。

中学生の娘が勉強のスケジュールを考えるのに使っています。なかなか勉強がうまくできないので(時間をつくるのに苦労しています)、左側を二つ折にして、その左に計画を、右にやったことを書く。そして、右側のページにいろいろ気づいたことを書いて来週の参考にする。この一年はそんなふうに使っていました。

(41歳女性/講師)

学習内容の理解に先立つのが、学習項目の整理や反省です。あらかじめ日付が入っているので、先の計画も立てやすくなっています。
ページのトップへ戻る↑
趣味手帖のアイデア
個性的なスケジュール帳の活用法が、趣味を楽しむ時間にありました。

週に少なくとも1〜2回は芝居に行きます。そんな私にとってはこの手帳はなくてはならないものです。マンスリー部分の空いた箇所に、行きたい芝居のタイトル、期間、場所、チケット発売日を書いています。行く日が決まったらもちろん、枠内の該当日に記入。ウィークリーのほうには、チケット発売日、発売電話番号や必要なコードを忘れないようにメモし、行った日には簡単な感想もメモ。カバーのところにはチケットもはさみこめて、便利です。

(30歳女性/会社員・公務員/
オレフィンカバーマンスリーウィークリー手帳)

チケットがぴったり収まる大きさの手帳サイズをフル活用。スポーツ観戦やライブ鑑賞が趣味の方にもおすすめの使い方です。

天然酵母パンづくりに精を出しています。(1)季節毎に異なる発酵時間を記録するため、(2)粉の配合等レシピをメモするため、(3)でき上がりパンの感想を記録するため、に使う予定です。

(33歳女性/自由業)

カレンダー機能を兼ねたスケジュール帳なら、将来見返すことを前提とした季節のデータベース作成にも向いています。

ウィークリーの部分は、家庭菜園の野菜づくりやガーデニングの作業、例えば種や苗の入手や植え時、肥料や剪定の時期など、翌年以降の参考に記録しておきます。まだ1年も経っていないのですが、来年の為にできるだけ書き留めておこうと思っています。ウィークリーの1日ずつの欄よりも、右側の方眼の部分にたくさん書き込めるのが便利です。園芸作業は大体週単位ですることが多いのですが、素人なので時期や手順などとても覚えきれないのです。これが「ガーデニングスケジュール帳」で、庭を持って初めて必要になったダイアリーです。

(56歳女性/会社員・公務員)

ウィークリー&ノートの組み合わせは週サイクルの記録にぴったり。また、オレフィンカバーが屋外での汚れや濡れを防いでくれます。
ページのトップへ戻る↑
献立帳のアイデア
とても多かった用途のひとつが、毎日の献立記録。アイデアにも多彩な個性があらわれました。

料理記録をメインにした家事ノートとして使ってます。左のページは四分割にし、朝食・昼食・夕食の献立をそれぞれ一列使って記載してます。もう一列は近いうちに使い切りたい食材のリストアップや、つくってみたい料理名などをメモしています。右側のフリーページは縦に二分割して、レシピの覚書や、今週にやるべき事のリストアップなど書いています。マンスリーページには予定を書き込んでます。

(37歳女性/主婦)

大きなノートは、日々の献立を細かく控えたり、その他の家事や仕事についても同時にまとめたい方に向いています。

夕食の献立管理帳として使っています。私は夕食の献立を考えるのが苦手なので、マンスリーに毎日のメニューを書き込むことで、同じメニューを繰り返さないように管理しています(一目瞭然で便利です)。また(こちらが目当てなのですが)、去年の手帳の同じ月を見ることで、献立を考えるのがとても楽です!
はじめはマンスリーだけのスリム手帳を使っていましたが、ウィークリーにその日の天気(暑・寒)、保存食をつくった日、レシピについて気づいたことなどをちょこっとメモすると、来年見直す時に便利なので、今はマンスリー&ウィークリー型を使っています。

(33歳女性/主婦/オレフィンカバーマンスリーウィークリー手帳)

ローテーション管理に長い期間を見渡せるマンスリーを活用。手帳タイプや小型サイズは、買い物に携帯しやすいメリットもあります。

料理が趣味なので、料理手帳として使っています。左ページにはその日つくったメニューや材料、ちょっとしたコメントを記入。右のフリーページにはレシピや「このメニューはこうした方が」というような注意点を書いています。レシピには写真をシール用紙に印刷して貼ったりしています。フリーページは右側、とわかっているので書いたレシピも探しやすく、かなり活躍しています!

(37歳女性/会社員・公務員)

フリーノートに写真やイラストを添えると、より本格的なレシピ本に変身します。方眼を利用して、見やすくきれいなレイアウトに仕上げましょう。
ページのトップへ戻る↑
家計簿のアイデア
献立帳と並んで、個性豊かな活用法を寄せていただいたのが、家計簿でした。

左側は、日記&スケジュール 右側は、家計簿として使っています。家計簿(右側)は、縦線で3、4つに分割し、上部余白に食費、日用品費、交際費、交通費といった感じで記入し、1週間の支出管理をしています。
今まで、いろんなタイプの家計簿を付けてきましたが、自分にぴったりのものが無く、長続きしませんでした。1年間を、出来事と支出(収入面でも)、同時に振り返ることができ、非常に使いやすいです!!

(40歳女性/主婦)

右のフリーノートを家計簿にアレンジした例です。方眼のガイドラインが表や線を書き入れるアシストになります。

左のページにマスをつくって食費、雑費など項目で分けて、1日に使った分を書きます。その明細として右側に、レシートなど貼っていきます。右のページでは大体の出費のバランス、左でこまかく明細が出るので分かりやすいです。
本当ならばレシートの貼り方を工夫して、レシートの位置で今どのくらい使っているかわかると、もっといいと思います。また、無駄遣いだと思ったものはカラーペンで書くと、週でいくらぐらいかなど、見やすいです。

(31歳女性/主婦)

こちらは、左のウィークリーに明細記入、フリーノートにレシート貼付というシンプルな管理法です。カラーペン使いも効果的です。

ウィークリースケジュールの左側にはその日の予定を、右側にはお付き合いにかかった費用、こどもにかかった費用(学校の集金袋に入れたお金や購入した教材費など)、医療費、冠婚葬祭費などなど…あとから参考になるお金の支出について書いておきます。細かい食費などをつけるマメさはないのですが、例えば、子供のこの学年のこの時期にこういうものを購入したなとか…そういうものだけを書く家計簿です。
医療費などは一覧にしたほうが見やすいので、手帳の後ろのほうについているメモ帳欄を使います。

(37歳女性/パート・アルバイト)

食費など繰返しの支出は予測可能として省き、行事ごとなど単独の支出のみを、予定と連動させてまとめるアイデアです。
ページのトップへ戻る↑
育児日記のアイデア
体調変化の記録から、ささやかな喜びの覚書まで、育児日記としての使用法を集めました。

子供の離乳食メニューの記録として使っていました。食事時間をわかりやすくするため、縦に時間軸の線を朝・昼・晩にわかれるように引き、食事内容を記入。右ページには、「よく食べた」「残した」などの感想や、レシピを記載して使用。好き・苦手をマーカーで色分けし、後日のメニューの参考にしました。メニューを毎日記入する事によって、栄養の偏りなどがチェックできました。

(41歳女性/主婦)

成長に伴い、育児日記の重点も変化するもの。自由なカスタマイズで、離乳食期には献立に特化した書き込みへアレンジするのもおすすめです。

妊娠中から娘の育児日記に使っています。左ページに日記、右ページには写真や気になった育児関連の記事をスクラップしたり、左ページに書ききれなかったことを追加で書いたり。妊娠中は健診結果や超音波写真もスクラップしていました。
毎年同じ仕様の手帳で大きくその年の西暦が書いてあるので、これからどんどんたまっていくのが楽しみです。第二子を妊娠したら、下の子には白い手帳を使おうかなと思っています。

(32歳女性/主婦)

写真が手軽にプリントアウトできる時代です。フリーノートをお子さまの成長を週ごとに振り返るオリジナルアルバムにしましょう。

子どもがお絵描きし始めると、ママのノートにお絵描きしたくなるようなので、その日の右ページのスペースにお絵描きさせるようにしています。こうするとお絵描きの軌跡が分かって成長ぶりが楽しめます。
子どもが生まれる前の期間は妊娠中の様子を綴ったり、後ろのフリーページに名前の候補を書き込んだりしていました。フランスでの出産だったので、妊娠出産関連のフランス語を書き出してみたり。将来子どもにそれぞれプレゼントするのがたのしみです。

(32歳女性/主婦)

ママの書き込みはもちろん、お子さま自身の手が加わると、さらに感慨深い一冊になります。自由に描かせてあげましょう。
ページのトップへ戻る↑
商品のご購入はこちら  ネットストア カレンダー&デスクノート
2010年の商品開発がはじまっています
スケジュール帳モニター会を開催しました
2008年11月3日(月・祝)、投稿と同時に参加者を募集していたスケジュール帳のモニター会を開きました。当日は抽選で選ばれたモニターの方々に、実際の記入例などを見せていただきながら、具体的な要望や改善点についてご意見を伺いました。
投稿やこのようなモニター会でいただいたお客さまの声はすべて、来季以降の商品開発に活かしてまいります。 皆さまのご意見を盛り込んだ商品が発売を迎えた際には、あらためて反映させていただいたご意見やアイデアを、商品とともに詳しくお伝えする予定です。
みんなの使い方投稿紹介 第2弾
次回はポリプロピレンカバーデスクノート&ポリプロピレンカバースケジュールが登場します
今回お届けした「オレフィンカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノート」の活用アイデア投稿、いかがでしたか。
第2弾の次回は、バーチカルタイプのスケジュール帳として支持のあつい、ポリプロピレンカバーデスクノート&ポリプロピレンカバースケジュールについて、皆さまの声をご紹介します。
どうぞお楽しみに。
投稿紹介第2弾はこちら
投稿紹介第3弾はこちら
新作おすすめ ご提案 スケジュール帳発売