みんなの文具 こどもの頃からノートやペンはずっと無印良品…そんな方はいませんか。いくつになっても手放せない、愛しの文房具を一緒につくりましょう。
スケジュール帳の活用法
使い方募集&スタッフ使用例紹介
新作おすすめ提案1 予定の整理
新作おすすめ提案2 数字の管理
新作おすすめ提案3 備忘録
新作おすすめ提案4 日々の記録
みんなの使い方投稿1 オレフィンカバーシリーズ
みんなの使い方投稿2 ポリプロピレンカバーシリーズ
みんなの使い方投稿3 文庫本シリーズ
日付の書き込めるスケジュール帳発売
2010年版スケジュール帳発売

モノづくりプロジェクト[生活雑貨]トップへ戻る
2009年のスケジュール帳がそろいました
目的別「おすすめの一冊」をご提案します
2008年も終わりに近づいてきました。来年のスケジュール帳は、もうお決まりになりましたか。
モノづくりコミュニティーでは、先日発売を迎えた2009年の無印良品スケジュール帳について、目的にあわせた、“おすすめの一冊”をご提案します。
ぜひ、皆さまのスケジュール帳選びにお役立てください。

※このページの商品の販売は終了しました。
シチュエーション別ご提案
このようなときに、スケジュール帳が便利です

予定の整理 いつでも持ち歩きたいなら
時間管理を徹底するなら
家族の予定をひとつにまとめるなら
備忘録 アイデアメモも兼ねたいなら
To Do リストを作成するなら
数字の管理 ダイエットや健康管理を続けるなら
家計簿やお小遣い帳をつけるなら
日々の記録 育児や成長の記録なら
読書日記、鑑賞日記、グルメ日記なら
たっぷり書き込む王道の日記帳なら

シチュエーション別おすすめ その3
忘れないように書き出したい
手帳をつけ始めたきっかけが、「書いておかないと、忘れるようになったから」という方は意外に多いものです。身近な備忘録として使っていただきたいスケジュール帳を集めました。
1. アイデアメモも兼ねたいなら
コンパクトなボディに充実のメモ用スペース付き
どこにでも連れて行きたい丈夫な表紙もポイント
いかにもなスケジュール帳はいらないけれど、いつも持ち歩くメモ帳に予定もまとめられたら便利だと思う……そんな方におすすめの3タイプをお選びしました。
スケジュール帳としての仕様はそれぞれ異なりますが、共通しているのは、メモ用のスペースが充実していることと、持ち運びしやすいコンパクトなサイズであること。また、使うほどに手に馴染む丈夫な表紙もポイントです。思いついたアイデアを逃さず書き込む一冊として、ぜひ傍に置いてご愛用ください。

オレフィンカバー ウィークリースケジュール 名刺サイズ
税込 630 (本体価格 600円)


おすすめはこちら
オレフィンカバーシリーズ最小の手帳は、シャツの胸ポケットにすっぽり収まる名刺サイズ。見開きの左側がウィークリーカレンダー、右側が横罫のメモ欄になっているため、気のついたことやアイデアを、週単位で書き込んでおけます。
オレフィンカバー ウィークリースケジュール 名刺サイズ
税込 630円 (本体価格 600円)
片面が4分割された見開き1週間タイプの新作スケジュール帳です。手のひらに収まるコンパクトなA7判ながら、日ごとの書き込み欄が広いため、日記や備忘録としてはもちろん、毎日持ち歩く日付入りのアイデアメモにもぴったりです。冒頭にはマンスリーカレンダーもついています。
再生紙日曜始まりマンスリーウィークリーノート A7
税込 630円 (本体価格 600円)
シンプルなマンスリーカレンダーと自由に使えるノートが、とっさのメモ需要にも使いやすいダブルリング綴じの手帳にまとまりました。ゴムバンドのついたリサイクルレザーの表紙は、使うほどに手に馴染み、愛着がわいてきます。手帳本体も、温かみのある色あいの紙を使っています。
リサイクルレザーマンスリースケジュール A6
税込 735円 (本体価格 700円)
ページのトップへ戻る↑
2. To Do リストを作成するなら
方眼ノートはチェックリストの書き出しに便利
持ち歩くなら見開き1週間のミニ手帳もおすすめ
その日に、その週に、その月に……かならずやっておきたいことの一覧=“To Do リスト”を作成するなら、リストの見やすさと書きやすさにはこだわりたいものです。
今回は To Do 管理におすすめのスケジュール帳として、同じコンパクトなA6判の手帳から、タイプの異なる3つのレイアウトをご提案しました。使いやすいTo Do リスト作成に向けた最適の一冊選びに、ぜひお役立てください。

再生紙日曜始まりマンスリーウィークリーノート A6
税込 787 (本体価格 750円)

おすすめはこちら
2009年の新作として登場した、1日の欄が大きい見開き1週間のウィークリーカレンダーは、日ごとのTo Do リストを持ち歩くのに便利です。たとえば、お買い物リストを書き出して、毎日スーパーへ持っていく一冊として。ちょっとした日々のメモの積み重ねも、手帳にしてまとめれば、大切な一年の記録になります。
再生紙日曜始まりマンスリーウィークリーノート A6
税込 787円 (本体価格 750円)
薄型の見開き2週間タイプは、少し先の日程まで、To Do リストをまとめて見渡したい方向けの一冊。横長のウィークリーカレンダーで、箇条書きのリストを日ごとに整理して書き込めます。もちろん、ウィークリーカレンダーを縦に分割して、予定管理など、別の用途と組み合わせて使うこともできます。
再生紙ウィークリーノート A6
税込 300円 (本体価格 286円)
定番のマンスリー・ウィークリーノートは、ウィークリーカレンダーと見開きになった方眼ノートを利用して、1週間分のTo Do リストをまとめるのにぴったりです。方眼に沿って等間隔にチェックボックスを作成できるので、To Do リストを見やすく書き出すことができます。
オレフィンカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノート A6ホワイト
税込 840円 (本体価格 800円)
予定の管理
数字の管理
備忘録
日々の記録
商品のご購入はこちら  ネットストア カレンダー&デスクノート
大反響につき、連載でご紹介します
皆さまからいただいた便利なアイデアを大公開
2009年スケジュール帳の用途別「おすすめの一冊」提案、いかがでしたでしょうか。 次回からはいよいよ、皆さまにお寄せいただいたスケジュール帳の活用アイデアが、モノづくりコミュニティーに登場します。
2008年11月末の第1回は、前回スタッフの使用例としても取り上げた、無印良品のスケジュール帳を代表する一冊、オレフィンカバー マンスリー・ウィークリーノートについて特集します。どうぞご期待ください。
また、2008年11月3日(月・祝)に開催されたモニター会のレポートも、次回の更新であわせてお届けする予定です。こちらもどうぞ、お楽しみに。
投稿募集&スタッフ使用例紹介 アイデア投稿 ご紹介