みんなの文具 こどもの頃からノートやペンはずっと無印良品…そんな方はいませんか。いくつになっても手放せない、愛しの文房具を一緒につくりましょう。
スケジュール帳の活用法
使い方募集&スタッフ使用例紹介
新作おすすめ提案1 予定の整理
新作おすすめ提案2 数字の管理
新作おすすめ提案3 備忘録
新作おすすめ提案4 日々の記録
みんなの使い方投稿1 オレフィンカバーシリーズ
みんなの使い方投稿2 ポリプロピレンカバーシリーズ
みんなの使い方投稿3 文庫本シリーズ
日付の書き込めるスケジュール帳発売
2010年版スケジュール帳発売

モノづくりプロジェクト[生活雑貨]トップへ戻る
2009年のスケジュール帳がそろいました
目的別「おすすめの一冊」をご提案します
2008年も終わりに近づいてきました。来年のスケジュール帳は、もうお決まりになりましたか。
モノづくりコミュニティーでは、先日発売を迎えた2009年の無印良品スケジュール帳について、目的にあわせた、“おすすめの一冊”をご提案します。
ぜひ、皆さまのスケジュール帳選びにお役立てください。

※このページの商品の販売は終了しました。
シチュエーション別ご提案
このようなときに、スケジュール帳が便利です

「予定を整理したい」
スケジュール帳はあなたの代わりに、約束事やイベントの予定を覚えていてくれます。
いつでも持ち歩きたいなら
時間管理を徹底するなら
家族の予定をひとつにまとめるなら

「数字を管理をしたい」
毎日決まった記録をつける作業も、あらかじめ日付の入ったスケジュール帳を使えばうまく続けられます。
ダイエットや健康管理を続けるなら
家計簿やお小遣い帳をつけるなら

「忘れないように書き出したい」
手帳をつけ始めたきっかけが、「書いておかないと、忘れるようになったから」という方は意外に多いものです。
アイデアメモも兼ねたいなら
To Do リストを作成するなら
「かけがえのない日々を残したい」
無印良品のスケジュール帳は、イラストや写真などとともに、日常や趣味について日々の所感を書き残すのにもおすすめです。
育児や成長の記録なら
読書日記や鑑賞日記、グルメ日記なら
たっぷり書き込む王道の日記帳なら
11月下旬より、連載でご紹介
皆さまからのアイデアを大公開します
次回からはいよいよ、皆さまにお寄せいただいたスケジュール帳の活用アイデアが、モノづくりコミュニティーに登場します。それぞれに内容の深い、2800名を超える投稿の中から、商品担当者が思わず唸った、とびきりのアイデアをお届けする予定です。
2008年11月末の第1回は、前回スタッフの使用例としても取り上げた、無印良品のスケジュール帳を代表する一冊、オレフィンカバー マンスリー・ウィークリーノートについて特集します。どうぞご期待ください。
ページのトップへ戻る↑
シチュエーション別おすすめ その1
予定を整理したい
スケジュール帳はあなたの代わりに、約束事やイベントの予定を覚えていてくれます。また、予定を書き出し整理することで、自由時間を捻出したり、ダブルブッキングを避けることもできます。
1. いつでも持ち歩きたいなら
かさばらないマンスリーカレンダーで軽量化
厚みを減らすもよし、大きさを削るもよし
予定や約束事をシンプルにまとめて、いつもの荷物にプラスするなら、バッグや書類の中でも軽くてかさばらない、見開きの月間予定のみがまとまったマンスリーカレンダータイプをおすすめします。
一口にマンスリーカレンダーといっても、薄型にして軽くしたもの、サイズを小さくコンパクトにして軽くしたものなど、さまざまな仕様がそろっています。使い方やシチュエーションにあわせてお選びください。

再生紙日曜日始まりマンスリーノート A5
税込 420円 (本体価格 400円)

おすすめはこちら
すっきりとしたレイアウトと休日の赤字表記で、どなたにも使いやすいコンパクトなA6判タイプです。薄型で軽いため、持ち歩きの頻度が高い方に向いています。後半にはメモや覚書に使える横罫のノートもついています。
再生紙マンスリーノート A6
税込 367円 (本体価格 350円)
ご要望にお応えして、上記のマンスリーノートに日曜始まりのデザインが登場しました。薄くてかさばらないので、少し大きめのA5判を選んでも荷物になりません。予定の書き込みが多い方におすすめです。
再生紙日曜日始まりマンスリーノート A5
税込 420円 (本体価格 400円)
定番のオレフィンカバーシリーズからマンスリーカレンダーと方眼ノートを抜き出して、小さなB7判の手帳にしました。方眼ノートはメモ用紙としてはもちろん、独自の記入欄をカスタマイズしたり、必要な情報をスクラップするのにも向いています。
オレフィンカバー再生紙マンスリーノート B7
税込 420円 (本体価格 400円)
ページのトップへ戻る↑
2. 時間管理を徹底するなら
時間軸入りのバーチカル(縦割り)タイプで
分刻みのスケジュールを見やすく整理しよう
打ち合わせの多いビジネスマンやお稽古ごとの先生など、分刻みの予定を整理したい方にぴったりなのが、時間軸に沿って縦に書き込むバーチカル(縦割り)タイプの手帳です。予定の有無だけでなく、所要時間の長さも目に見えて把握できます。
ウィークデー勤務のビジネスマンや学生の方には土日の欄が簡略化されたタイプを、土日のスケジュールも細かく控えたい方には、平日と土日の欄が同じ大きさのものをおすすめします。

ポリプロピレンカバーデスクノート・大 350×170
税込 700 (本体価格 667円)
おすすめはこちら
土日の欄が小さいバーチカルタイプの手帳は、ウィークデーの予定を重点的に管理したい方向け。大きめのA5判なら、細かい予定も一緒にあわせて書き込めます。丈夫なポリプロピレンの表紙には、裏面の内側に便利なポケットもついています。
ポリプロピレンカバースケジュール A5
税込 945円 (本体価格 900円)
上下に開く定番のデスクノートは、土日も平日と同じ欄のデザインです。3つのサイズのうち、最も大きな350mm×170mmは、たっぷり書き込みたいメインのスケジュール帳としておすすめの一冊。各日の欄の下にはTo Do リストなどを書き出せるフリースペースもついています。
ポリプロピレンカバーデスクノート・大 350×170
税込 700円 (本体価格 667円)
はがして使う新発想のスケジュール帳は、直近1週間の予定を持ち歩くのに便利です。また、会議室のような共有スペースの予約状況を掲示するなど、貼り出して使うポスタータイプの週間カレンダーにも応用できます。
再生紙切り離せるスケジュール帳 A4
税込 840円 (本体価格 800円)
ページのトップへ戻る↑
3. 家族の予定、全部をひとつにまとめるなら
たっぷり書けるウィークリーカレンダーを縦に分割
自在なカスタマイズでみんなの予定を同時に確認
無駄な装飾のないシンプルなスケジュール帳は、使う方のアイデアを活かした、思い思いのカスタマイズに応えます。たとえば、横に長いウィークリーカレンダーなら、使い手が縦線で自由に区切って、好きな大きさの欄をいくつもつくることができます。
もし、家族の予定を一冊にまとめておきたいなら、横長のウィークリーカレンダーを人数分で縦に割って、ひとりひとりの予定を横並びに書き入れてみてはいかがでしょう。家族みんなの予定が一目でわかります。

四季マンスリーウィークリーノート 3ヵ月4冊セット・グレー
税込 500円 (本体価格 476円)
おすすめはこちら
無印良品のスケジュール帳で最もお馴染みの存在が、オレフィンカバーマンスリー・ウィークリーノートです。使い道を限定しないシンプルなデザインで、さまざまなアイデアや活用法、アレンジに応えます。一番大きなB5判は、家族の人数や書き込む情報量の多い方にぴったりの一冊です。
オレフィンカバー再生紙マンスリー・ウィークリーノート B5
税込 1,155円 (本体価格 1,100円)
今年から登場した再生紙マンスリーウィークリースケジュールは、見開きの年間カレンダーやページ角の切り取り線、休日の赤字表記、ウィークリーカレンダーの上下ドットなど、従来のオレフィンカバータイプにはない新たな機能が特長です。単独ではもちろん、お手持ちのカバーと組み合わせて、リフィールとしてもお使いいただけます。
再生紙マンスリーウィークリースケジュール A5
税込 1,000円 (本体価格 952円)
今年新登場のスケジュール帳、A6判四季マンスリーウィークリーノートです。1年を四季の3か月ごとに区切り、4冊ひと組のセットにしました。こちらもウィークリーカレンダーの上下に等間隔のドットが入っているので、縦への分割線が引きやすくなっています。もちろん、ドットを活用した時間刻みのスケジュール管理にも使えます。
四季マンスリーウィークリーノート 3ヵ月4冊セット・グレー
税込 500円 (本体価格 476円)
予定の整理
数字の管理
備忘録
日々の記録
商品のご購入はこちら  ネットストア カレンダー&デスクノート
大反響につき、連載でご紹介します
皆さまからいただいた便利なアイデアを大公開
2009年スケジュール帳の用途別「おすすめの一冊」提案、いかがでしたでしょうか。 次回からはいよいよ、皆さまにお寄せいただいたスケジュール帳の活用アイデアが、モノづくりコミュニティーに登場します。
2008年11月末の第1回は、前回スタッフの使用例としても取り上げた、無印良品のスケジュール帳を代表する一冊、オレフィンカバー マンスリー・ウィークリーノートについて特集します。どうぞご期待ください。
また、2008年11月3日(月・祝)に開催されたモニター会のレポートも、次回の更新であわせてお届けする予定です。こちらもどうぞ、お楽しみに。
投稿募集&スタッフ使用例紹介 アイデア投稿 ご紹介