モノづくりプロジェクト
キッチンMUJI「見た目も使い勝手も、無印良品のキッチンツールが一番」そんなモノづくりを、皆さまの声とともに目指します。
商品化までのステップ
アンケート
商品発売&アンケート結果 第1弾「保存容器」
商品発売&アンケート結果 第2弾「フライパン」
商品発売&アンケート結果 第3弾「浄水器」

関連リンク

季節を楽しむ保存食づくり

モノづくりプロジェクト[生活雑貨]トップへ戻る
商品発売&保存食づくりエピソード紹介
保存食づくりに便利な保存容器ができました
キッチンMUJI プロジェクトがお届けする2009年最初の商品は、保存食づくりにぴったりの、新しい保存容器とシリコーンツールです。
アンケートでお寄せいただいた、保存食づくりを楽しむ皆さまの声とともに、ご紹介します。
商品名は 果実酒用ビン、果実酒用小分けボトル
果実酒用ビン
税込 1,000円(本体価格 952円)

約2L
※商品の販売は終了しました。
果実酒用小分けボトル
税込 200円(本体価格 190円)

約360ml
※商品の販売は終了しました。
冷蔵庫や食卓でも、使いやすいサイズです
季節を楽しむための果実酒用のビンと、小分け用のボトルを発売します。
果実酒用ビンは、冷蔵庫のドアポケットにも入る、2Lの飲み切りサイズです。注ぎ口がついているので、そのままグラスに注ぐことができます。
1.8Lのホワイトリカーを使うと、約2本分の果実酒ができ上がります。「1本は梅酒、2本目は桃酒に挑戦!」など、小容量ならではの楽しみ方もいろいろです。
小分けボトルは、果実酒を小分けにしたり、フレーバーオイルなどをつくって食卓へ。
手づくりならではの美味しく安心な保存食で、食卓を豊かにしてみませんか。
お客様の声
梅酒用に、漬け込み容器から直接グラスなどに注げるような、注ぎ口があるといいと思う。
(40代前半/会社員・公務員)
梅酒を漬けましたが、そのままだと容器が大きくて冷蔵庫に入れると場所をとりすぎてしまう。
(20代後半/会社員・公務員)
梅酒とか梅干とかつくってみたいけど、つくる量が多いので、少ない家族では食べきれない。なかなかつくるまでいかない。
(30代前半/パート・アルバイト)
ページのトップへ戻る↑
商品名は 小分けビン
小分けビン・大
税込 150円(本体価格 143円)

約368ml
※商品の販売は終了しました。
小分けビン・小
税込 130円(本体価格 124円)

約250ml
※商品の販売は終了しました。
商品名は シリコーンキャップオープナー、シリコーンジャムスプーン
シリコーンキャップオープナー
税込 400円(本体価格 381円)

長さ約13cm
シリコーンジャムスプーン
税込 400円(本体価格 381円)

長さ約19cm
商品名は ソーダガラス密封ビン
ソーダガラス密封ビン5
税込 1,200円(本体価格 1,143円)

約3000ml
ソーダガラス密封ビン4
税込 1,000円(本体価格 952円)

約2000ml
ソーダガラス密封ビン3
税込 750円(本体価格 714円)

約1000ml
ソーダガラス密封ビン2
税込 690円(本体価格 657円)

約750ml
ソーダガラス密封ビン1
税込 580円(本体価格 552円)

約500ml
保存食づくりが、もっと身近になります
熱や酢に強く、中の様子が見えるガラス製の保存容器がそろっています。保存したい期間やつくる量にあわせて、形やサイズを選びます。
ジャムをつくるときの小分けビンや、シリコーンのキャップオープナー、ビンからジャムをすくい取りやすいジャムスプーンも新登場。
また、広口で、冷蔵庫の隅にぴったり収まる角型の密封ビンもおすすめです。
お客様の声
小分けお裾分け用の手軽で小さな小さなジャム瓶が安くあると嬉しい。
(40代前半/会社員・公務員)
ジャムやたれをスパチュラでかき出すのが難しい。現在販売されているシリコーンスプーンではちょっと大きいのと、角の角度が使いづらい。
スパチュラの機能が備わった小振りなシリコーンスプーンは離乳食を与えるのにも重宝しそうだし、ウエットタイプのペット食にも便利そう。アイスクリームなどを食べる際にも使えそう。無駄なく使えて、洗いやすくなるし、環境にも良いのでは? 柄のないスパチュラはしなやかで、洗い物が楽になりとても重宝している。
(30代後半/主婦)
保存容器の気に入ったものがなかなか見つからなくて困っています。
出し入れを考えると広口のものが良くて、しっかりと密閉できて、丈夫なガラスで中身が見えて、形も円筒形のものよりもちょっと四角に近いほうが並べておいて置くときに無駄なスペースがなくていいし、あとはシンプルでもちょっとおしゃれな感じだと、キッチンの見える場所とかに並べて置いておいても恥ずかしくなくていいかな、と思います。
(30代後半/主婦)
アンケート結果から
約半数の方が、ご家庭で保存食をつくっています
2009年2月に行ったキッチンMUJIアンケートでは、21,552名のMUJI.netメンバーの皆さまからご回答をいただきました。

このうち、保存食をつくる頻度についてお聞きしたところ、全体の約半数にあたる49.8%の方が「つくる」と答えました。

ただし、「保存食づくりはしない」と答えた方の中には、「大量につくっても必要がない」「準備が面倒」といった声もちらほら。

少しの量から、手軽にはじめられるきっかけがあれば、ご家庭での保存食づくりは、もっと身近になるのかもしれません。
ページのトップへ戻る↑
ネットストア特集 「季節を楽しむ保存食づくり」 商品のご購入はこちら
ネットストア特集 「季節を楽しむ保存食づくり」
皆さまの投稿紹介
私たち、保存食づくりを楽しんでいます!
アンケートでは、保存食づくりのエピソードやオリジナルのレシピについてもお聞きしました。今回はお寄せいただいた数多くの投稿の中から、ほんの一部ではありますが、保存食づくりを身近に楽しんでいる皆さまの声をご紹介します。
梅酒 ジュース・ドリンク
ジャム・コンポート ピクルス・漬け物
調味料
「梅酒づくり」を楽しんでいます
梅酒については「昨年はじめてつくった!」という方や、お酒や糖分をアレンジして「自分好みの味を追求している!」という方など、さまざまなご意見をたくさんいただきました。
全部ご紹介できないのが残念ですが、梅酒づくりを楽しんでいる声をお伝えします。
投稿紹介

今年初めて梅酒をつくりました。分量は梅が1キロ、氷砂糖が400g、ホワイトリカー1800mlです。半年ぐらいで丁度飲み頃になりました。
甘すぎず、とても美味しかったです。

(ペンネーム チョムチャック)
投稿紹介

毎年の梅酒に命かけてます。
氷砂糖だったり、蜂蜜だったり、いろいろかえて楽しんでいます。

(ペンネーム トマト)
投稿紹介

南高梅に、氷砂糖を加え、米焼酎(文蔵)を入れて梅酒を漬けました。
とってもまろやかで、かつ香りがすっごくよくて、友達にも大好評です!

(ペンネーム ひまわり)
投稿紹介

国産の黒糖に、国産の黒糖焼酎でつくった黒糖梅酒は、深みがあって美味しくできました。

(30代後半/パート・アルバイト)
投稿紹介

梅ブランデー(梅酒と同じ要領だが、ホワイトリカーではなく、ブランデーを使ってつくる):大人味の梅酒ができ、とても美味しいですよ!
お菓子づくりに使ってもOKですね!

(20代後半/社員・公務員)
投稿紹介

梅酒でつけた梅でつくる梅ジャム。うまい!

(40代後半/主婦)
ページのトップへ戻る↑
梅酒
ドリンク
ジャム
ピクルス
調味料
「ジュース・ドリンクづくり」を楽しんでいます
梅酒だけでなく、ドリンク類もいろいろ。
お子さまのいる家庭で大活躍の梅ジュースや、真っ赤な色がきれいな紫蘇ジュースなど。
これからの季節が楽しみになります。
投稿紹介

梅酒ならぬ梅酢。青梅と砂糖を酢に漬けるだけ。2ヶ月ぐらいしたら、酢を水や炭酸で割って飲みます。疲れが取れる気がします。体に良さそうだし、つけた梅も美味しく食べられるので、最近は梅酒よりこちらを多くつくります。
梅のシソ巻き。塩漬けして半分に割った青梅を、ざらめと一緒に赤シソで巻きます。保存容器にぎゅうぎゅうに詰めて、さらに砂糖を入れて放置。1週間から10日で食べられます。パリパリの歯ごたえと甘酸っぱさが、おやつにもお茶請けにも良し。カリカリ梅を甘くした感じです。包むのが面倒ならシソと梅を交互に漬けてもイイです。

(30代後半/パート・アルバイト)
投稿紹介

梅ジュースです。夏に美味しくて、ごくごく飲んでしまいます。友達は、砂糖にこだわって、てんさい糖で漬けたりしましたが、私は氷砂糖で普通に漬けています。梅の匂いがとても出て、今年も氷砂糖で漬けます。

(30代後半/主婦)
投稿紹介

去年、梅ジュースをつくりました。梅酒だと大人しか楽しめないので、子どもも楽しめるものをと思って梅ジュース。2週間くらいでできるので、梅酒ほど時間がかからないのもいいですね。
暑い夏にオススメです。今年もつくりたいと思います。

(30代前半/会社員・公務員)
投稿紹介

国産の紫蘇ジュースがお勧めです。夏バテやアレルギーによいと言われているので、赤紫蘇が手に入ったらつくっています。
材料は、赤紫蘇300g、砂糖1kg、クエン酸30g、水2L。紫蘇を洗って 沸騰したお湯に入れ 赤い色がなくなってきたら取り出す。クエン酸・砂糖を入れて溶かす。クッキングペーパー等で漉(こ)す。
水で割ったり、牛乳で割ったり(ヨーグルトみたいになります)して飲みます。真っ赤な色がきれいです。

(ペンネーム ぴーちゃんママ)
投稿紹介

果実酢。柑橘系やりんごなど、果物は何でもいいです。それに氷砂糖と酢を合わせてつくります。
できたものは水で割って飲んだり、ドレッシングをつくるときに使ったり、焼酎を割るときに入れたりして、色々楽しんでます。

(ペンネーム おくたま)
投稿紹介

柚子茶。柚子の皮を千切りにして、熱湯消毒した瓶に詰め、はちみつを入れる。10日後ぐらいからしんなりしてくるので、ジャムとしても、お湯で割って柚子茶、温めた白ワインと割って寝酒としても活用しています。早く食べたい場合は、千切りした皮を茹でてからはちみつに浸けてもいいです。
茹で汁はお風呂に入れると、いい香りの柚子風呂になります。

(30代前半/主婦)
ページのトップへ戻る↑
梅酒
ドリンク
ジャム
ピクルス
調味料
「ジャム・コンポートづくり」を楽しんでいます
ジャムづくりも、たくさんの声をいただきました。
マイジャムを朝のパンやヨーグルトのお供に楽しんでいる様子。
気軽にレンジを使ったジャムづくりをされている方も目立ちました。
投稿紹介

いちじくのジャム、本当においしいですよ〜。いちじくを適当に、砂糖を入れて、アクを取りながら煮込んだらでき上がり。キウイとレモンのジャムもおいしい。キウイのつぶつぶ感がたまらない。梅酒、梅シロップのあとの梅を使ったジャムもすぐできるし、無駄がないので、おすすめ。レモンも入れて、砂糖を加えて煮込んで。色は悪いけど、味は絶品です。全て朝のヨーグルトのおともにしています。

(40代前半/主婦)
投稿紹介

果物が安いときは、大量買いをしてよくジャムをつくります。細かく刻んだ果物と砂糖、レモン汁を入れて、レンジでチンっ! 水分が出てきたら、鍋に入れて煮込みます。最初から鍋でつくるより、短時間でつくれて簡単です♪

(匿名希望)
投稿紹介

ミルクジャム。牛乳とその半量弱の砂糖をコトコト煮詰めて、ジャムにします。練乳よりやや固めになったところで完成です。ジャムを切らしたことに気づいた夜(翌日の朝食のことを考えて)や、牛乳が余ってしまって、賞味期限を迎えてしまいそうになった時などにつくることが多いです。パンやクラッカーに塗ったり、コーヒーやホットミルクに溶かしたり、簡単にできておいしいです。

(40代前半/その他)
投稿紹介

キウイジャム。キウイが大好きですが、すっぱいキウイにあたった時はジャムにします。レモンとお砂糖があれば、技いらずで、おいしくて緑色のきれいなジャムができます。ヨーグルトとよく合います。

(30代後半/主婦)
投稿紹介

玉ねぎジャム。玉ねぎを油を敷かずに炒めてしんなりしたら砂糖、少量の酢、水でとろとろになるまで煮込みます。好みでシナモンを加えて仕上げます。肉のソテーにソース代わりに添えたり、手づくりパンに入れても美味しいです。また、カレーの隠し味としても使えて、とても便利です。

(30代前半/会社員・公務員)
投稿紹介

桃の産地でたくさん安く桃を買った時に、傷んだものなどをコンポートにします。皮をむいて適当な大きさに切って、水と砂糖と一緒に鍋に入れ、少し透明感が出るまで煮ます。あればレモン汁やワインなど入れると、より本格的になるみたいですが、砂糖だけでも十分美味しいです。冷たく冷やして食べると、あっさりした缶詰の桃みたいな感じです。

(20代後半/会社員・公務員)
ページのトップへ戻る↑
梅酒
ドリンク
ジャム
ピクルス
調味料
「ピクルス・漬け物づくり」を楽しんでいます
「野菜があまりそうだな」という時や、「野菜不足だな」という時に大活躍!
あるもので簡単にできてしまう一品です。
鍋で残った白菜などをアレンジする機会も、冬から春にかけての季節には多そうです。
投稿紹介

島らっきょうの一夜漬けがおすすめです。島らっきょうは、天ぷらで食べるのが主流となっていますが、一夜漬けのもとやキュウリの漬け物のもとを入れ、もんで冷蔵庫に1日おいておくと、美味しく仕上がっています、これに花かつおをかけて食べても美味しいですし、もっと美味しいのは、納豆の上にこの一夜漬け島らっきょうと花かつおをのせたもの。
食卓に出すと、来客時のちょっとしたおつまみとして、目もを楽しませることができるし、味も抜群! 食べる時に納豆とよく混ぜると、とっても美味しいです。

(ペンネーム いもり)
投稿紹介

野菜のピクルスを多めにつくって、半分は普通のピクルス、もう半分にはごま油を加えて中華風に仕上げます。
簡単ですが、味にアクセントが生まれます。

(ペンネーム ごまちゃん)
投稿紹介

プチトマトのピクルスが大好物。

[1]プチトマトのへたと皮を除く。
[2]砂糖、お酢、塩、黒胡椒、ローリエで漬け汁をつくる。
[3]漬け汁をあたためて、砂糖が溶けたら[2]にプチトマトを投入。
[4]粗熱がとれたら、瓶かなにかに詰めて、冷蔵保存する。

(30代後半/パート・アルバイト)
投稿紹介

市販のすし酢は量が多くて使いきれないので、ピクルスづくりに応用しています。
手軽だし、とても便利です。

(30代前半/主婦)
投稿紹介

らっきょうのたれに野菜を入れるだけの、簡単ピクルスづくり 。

(30代後半/主婦)
投稿紹介

白菜に粉末の昆布茶とお酢を適量入れて、かんたん漬物。

(ペンネーム まりも)
ページのトップへ戻る↑
梅酒
ドリンク
ジャム
ピクルス
調味料
「調味料づくり」を楽しんでいます
風味のついた醤油などを、常備されている声も目立ちました。「いろんな料理や下ごしらえに使えて便利!」とみなさん太鼓判です。
いろいろ用意しておくと、お料理のレパートリーも増えそうです。
投稿紹介

にんにく醤油がかなり重宝します。保存瓶に、上下をカットしたにんにくを2〜3個入れ、しょうゆを入れるだけ。翌日にはしょうゆににんにくの風味がつき、チャーハンや炒め物、煮物のときに、にんにく醤油を使うだけでぐっとおいしさが増します。
から揚げをつくるときなど、味をしみこませる調理にもかなり使えますよ!

(30代後半/会社員・公務員)
投稿紹介

大葉にんにく醤油は、いろいろな料理に使えて便利です。

(30代前半/会社員・公務員)
投稿紹介

ニラの根元の捨てるような部分を醤油につけるだけで、おいしいニラ醤油ができます。ご飯にかけたり、漬物につけたり、炒め物に使えます。

(20代後半/その他)
投稿紹介

梅醤油。洗ってヘタをとって水分をとった青梅を醤油に漬けるだけ。3週間くらいで梅の風味が出てきて、もっと漬けるとなじむ。
豆腐やおひたし、うどんなどなど、何にでも使えるし、梅はごはんのお供に、刻んでサラダや和え物に、肉入りの煮物に入れて、など幅広く使える。

(40代前半/会社員・公務員)
投稿紹介

ねぎ味噌。和え物、炒め物、ご飯のおともなどなど。なんでも使える。万能たれに、ごま、わさび、粉トウガラシ、みそなど、なんでも合わせてアレンジがかなり効くので、お気に入り。

(20代後半/パート・アルバイト)
投稿紹介

使いきれなかった青唐辛子を輪切りにして、醤油に漬ける。
炒めものに使うとおいしい。

(30代後半/会社員・公務員)
ページのトップへ戻る↑
ネットストア特集 「季節を楽しむ保存食づくり」 商品のご購入はこちら
ネットストア特集 「季節を楽しむ保存食づくり」
2009年キッチンMUJIプロジェクト 第2弾 次回は、いろいろ使えるフライパンが登場します
2009年キッチンMUJIプロジェクト、保存容器に続く第2弾の発売商品は、ひとつでいろんな用途に使えるフライパンやマルチパンです。
モノづくりコミュニティーでの紹介は、2009年4月中旬を予定しています。どうぞお楽しみに。
アンケート 商品発売&アンケート結果 第2弾