モノづくりプロジェクト
みんなの家具づくり
本当にそろえたい家具のこと、無印良品に教えてください。皆さまの声をもとに、「あったらいいな」の家具をかたちにします。
商品化までのステップ
アンケートみんなの声を集めよう
アンケート結果かたちが見えてきました
発売第1弾カップボードができました
発売第2弾ソファができました
発売第3弾ベッドができました
発売第4弾シェルフができました
開発経過AVボードのテーマ決定
発売第5弾AVボードができました

関連リンク

選べる自分だけのベッド台 木製ベッドフレーム

ゆったりソファのある暮らし。

MUJI Life

モノづくりプロジェクト[生活雑貨]トップへ戻る
みんなの家具 第3弾新しいかたちのべッドが誕生しました。
みんなの家具づくりプロジェクトから生まれた家具第3弾は、心地良い睡眠に欠かせないベッドです。いただいたアンケートの結果を開発に活かし、これまでにない新しいスタイルのベッドをつくることができました。

さっそく商品の仕様と、アンケート結果がどのように反映されたかについて、ご紹介します。
商品名は木製ベッドフレーム/タモ材・ナチュラル
シングル
税込 26,250円(本体価格 25,000円)

幅103cm×奥行202cm×高さ25.5(床下20)cm
セミダブル
税込 31,500円(本体価格 30,000円)

幅123cm×奥行202cm×高さ25.5(床下20)cm
ダブル
税込 36,750円(本体価格 35,000円)

幅147cm×奥行202cm×高さ25.5(床下20)cm
※床に直接置いた場合の高さは、5.5cmになります
※ベッド用マットレスをお使いください
ページのトップへ戻る↑
「シンプルですっきりしたかたちがいい」
「無印良品らしい機能に徹したベッドを希望」
「イラストのデザインに一目ぼれしました」
アンケート支持第1位のデザインを商品化しました
「みんなの家具づくり」では皆さまに、家具のイラストをお見せして、好きなデザインを選んでいただく投票を実施しました。 このとき、ベッドについてアンケートの第1位に選ばれたのは、無印良品の商品にも過去に例のない、新しいかたちのイラストでした(右参照)。既存商品のデザインがアンケート第1位に選ばれたカップボードやソファとは違い、この結果は開発チームにとっても、注目に値するものでした。

そこで「みんなの家具づくり」では、今回第1位に選ばれたデザインをそのまま開発のベースとし、商品化することに決めました。また、脚の付け外しを可能にすることで、アンケート第2位のデザインへもアレンジできるように工夫しています。
「とにかく寝心地のいいベッドをつくって」
「衛生面が気になるので、通気性のよさは重視したい」
「マットレスの長持ちするベッドフレームを」
ベッド台をウッドスプリングにしました
アンケートでも多くのリクエストを集めた、快適な寝心地を取り入れるため、ベッド台をクッション性のあるウッドスプリングにしました。組み合わせていただくマットレスとの相乗効果で、体圧を分散し、就寝時にかかる背中や腰への負担を軽減します。

もちろん、すのこ式のウッドスプリングなので、通気性にも優れています。今回新たに発売となったふっくら三層式マットレスをはじめ、あわせてお使いいただくマットレスへの負担も少なく、結果的にマットレス自体も長く使っていただけます。ぜひ心地良い環境で、快適な眠りをお楽しみください。
「ベッドのボリュームで窮屈になるのは嫌」
「お部屋を広く見せるかたちがいい」
「和風のインテリアにも合うデザインを」
薄くて低い、シンプルなかたちにこだわりました
空間を圧迫せず、お部屋を広く見せるデザインを検討した結果、フレームを5.5cmと極限まで薄くしたベッドができあがりました。
20cmの脚をつけても、床からの高さは25.5cm。そのため、生活空間を広く使えるのはもちろん、見た目の重さも感じさせません。

また、20cmの脚は外して使うこともできます。寝台を低くすることで、より広いシチュエーションで置いていただけるようになり、和の空間にもよく馴染みます。もちろん、マットレスを床に直置きするのとは違い、ウッドスプリングによる寝心地の良さや通気性は保たれます。
「インテリアに溶け込むベッドを希望」
「寝室で使う他の家具との統一感がほしい」
「眠りの環境は心が落ち着く自然素材でまとめたい」
ナチュラルな風合いのタモ材でつくりました
ベッドの素材は、アンケートで最も支持を集めたナチュラルカラーの木製でご用意しました。人気の高いタモ材を使い、素材感を活かした優しい風合いに仕上げています。

もちろん、無印良品で既に発売されている、タモ材を用いた家具との相性も抜群です。結婚などを機に新たな生活環境の準備をお考えの際には、トータルでそろえるインテリアのコーディネートもお楽しみいただけます。
「自分好みのベッドにカスタマイズしたい」
「パーツの組み合わせや取り外しができたらいいのに」
「やはりベッド下の収納機能は欠かせません」
選べるオプションを取りそろえました
長くベッドをお使いいただけるよう、ベッドフレーム本体は機能に徹したシンプルな仕様とし、付加機能については、選べる専用のオプションとしてご用意しました。寝心地やデザインの好み、家具としての機能、あるいはライフスタイルの変化にあわせて、必要なパーツをお選びください。
背もたれにも十分な高さです ヘッドボード
アンケート第1位のデザインイラストにも描かれていたヘッドボードは、着脱可能なオプションとしてご用意しました。

ヘッドボードがあると、お休み時に枕が落ちるのを防ぐだけでなく、読書などでベッドの上に座り、もたれかかっていただくこともできます。ベッドフレームに取り付けたときの高さは床から約80cm。背もたれとしても十分な高さがあります。
ベッド下を収納スペースに バスケット
お部屋の中で広いスペースを占める大型家具のベッドだけに、収納との合わせ技については多くの方から要望が寄せられました。

そこでベッド下20cmのスペースにぴったりと収まる、専用のバスケットを2列セットでご用意しました。タオルケットをはじめとした大型のファブリックなど、収納場所に困る大きなものを、すっきりとベッド下に片づけておくことができます。
選べる5つの寝心地 マットレス
お好みに応じた寝心地をお選びいただくため、今回新たにラテックス素材のものを追加し、合計5タイプのマットレスと組み合わせていただけるようにしました。
どのマットレスも詰め物を必要最低限にし、中材の機能性を重視してつくりました。また、無駄な装飾を省き、機能に徹しています。
ふっくら三層式マットレス(ラテックス)
・ふっくらやわらかい寝心地
・体に沿ってバランス良く支える
・環境にやさしい天然ラテックスフォーム使用
高密度ポケットコイルスプリングマットレス
・揺れ、沈み込みが少ない
・体への負担を抑える
・体に沿ってバランス良く支える
ポケットコイルスプリングマットレス
・やわらかく揺れも少ない
・体を点で支え、姿勢が安定する
・沈み込みが少ない
スプリングマットレス
・硬めで横揺れが少ない
・体を面でしっかり支える
通気性のよいマットレス
・通気性がよい
・軽く、動かしやすい
・体に沿ってバランスよく支える
ウッドスプリングと好相性のラテックス製マットレス
今回新たに発売される、ふっくら三層式マットレスは、中材に純度の高い高反発ラテックス(右写真)を使用しています。ウッドスプリングとの相性の良さでも知られ、欧米ではマットレス素材の主流として愛されています。包み込まれるような、ふっくらとした寝心地が特長です。
今回は長く清潔に使っていただけるよう、側生地のカバーをドライクリーニングできるように仕立てました。
「ベッドのサイズが変えられたらいいのに」
「くっつけても離しても使える、対のベッドがほしい」
複数のベッドをぴったりつなげて使えます
アンケートで寄せられた声の中に、「2台のベッドをつなげたり離したりして使いたい」というリクエストがありました。

そこで今回開発を進めたベッドは、複数台を隣同士に並べてお使いいただけるデザインに仕上げています。ライフスタイルや居住空間の変化にあわせたアレンジで、長くお使いいただけます。
ネットストア特集 「選べる自分だけのベッド台 木製ベッドフレーム」 商品のご購入はこちら
ネットストア特集 「選べる自分だけのベッド台 木製ベッドフレーム」
ページのトップへ戻る↑
商品担当者より
皆さまの声により、長く使えるベッドになりました
今回のベッド開発は、皆さまにご協力いただいたアンケートで第1位に選ばれたデザインが開発のベースになっています。まさに、皆さまが選んだベッドを元に工夫やアレンジを加え、発売することができました。
お寄せいただいた皆さまのご意見を検討した結果、「みんなの家具づくり」では、現代の住宅事情を反映し、部屋を狭く見せないデザインという視点が、プロジェクトを貫くテーマとなりました。ベッドの開発においては、フレームの厚みを5.5cmと極めて薄く抑えることで、床下の収納スペースは確保しながらも、空間を圧迫しないデザインに仕上げています。
また、フレームの角を丸く仕上げたり、足の指をぶつけやすいベッドの脚を奥まった位置に配置するなど、アンケートでいただいた要望を小さな工夫や配慮として、さまざまなところに反映させました。
2台をつなげたり離したりして使えるベッド、というリクエストも、新たな開発のヒントとなりました。ライフスタイルにあわせたアレンジの幅を用意することで、結果的には長く使っていただけるベッドをご提供することができます。これはベッドや家具に限らず、モノづくりに共通する考えなのかもしれません。
皆さまの声とともにつくり上げたベッドは、開発チームにとっても、胸を張れる自信作です。生活のさまざまなシーンやステージにあわせたスタイルで、どうぞ末永くご愛用ください。
みんなの家具 第4弾予告
次の家具づくりに向け、開発を進めています。
アンケートでご意見やご要望をお寄せいただいた家具のうち、残りのシェルフとAVボードについては目下、皆さまからいただいたリクエストを吟味しながら、開発およびサンプル品の試作を繰り返しています。

この2アイテムについては現在、来シーズン以降の発売を目標にしています。
皆さまの声を反映した商品の完成まで、もうしばらくお時間をいただきますが、発売の時期が決まり次第、このモノづくりコミュニティーでもご報告いたします。

次回の更新を、ぜひお楽しみに。
発売第2弾 発売第4弾