モノづくりプロジェクト みんなのファブリック
日々の暮らしに欠かせない、布でできた雑貨たち。
心地良いファブリックを、皆さまとともにつくります。


商品化までのステップ
アンケート
アンケート結果
発売第1弾

関連リンク

シルク入りシリーズ

モノづくりプロジェクト[生活雑貨]トップへ戻る
アンケート結果 「ふとんカバー」へのリクエストが集まりました

前回実施した、ふとんカバーについてのアンケート結果をご紹介します。
毎日使うふとんカバーについて、はたしてどのような要望が寄せられているのでしょうか。
17,462名のMUJI.netメンバーの皆さまから寄せられた、ふとんカバーにまつわる現状とリクエストを、それぞれまとめました。


掛ふとんカバーについて
現状 洗濯時にひとりで取り替えるのは面倒

アンケートでは、皆さまが現在お使いのふとんカバー、なかでも、からだの上に重ねる掛ふとんのカバーについて、ご意見を伺いました。

まず、お手持ちの掛ふとんカバーに不満をお持ちかと伺ったところ、不満を感じている方の割合は、全体の4割。毎日長い時間、肌に触れる存在であることを考えると、何らかの我慢を強いられている方の割合は、意外に高いといえるのではないでしょうか。
現在お使いの掛ふとんカバーに不満をお持ちですか?
また、現在お使いの寝具カバーについて改善したい点を伺った結果は、以下のランキングとなりました。

トップに立ったのは、「取り外しが簡単なカバーにしたい」で、62.7%の方がリクエスト。個別にいただいたコメントを見ても、「内側のひもで固定するのが手間」「大きな掛ふとんをひとりで取り替えるのは、なかなか面倒」など、カバーの取り外しや付け替えにまつわる現状の苦労が、多く訴えられています。

続く第2位には、「早く乾くものがいい」という速乾性へのリクエストが入りました。そして第3位には、「やわらかい素材にしたい」と「デザインの良いものにしたい」が、同率で並んでいます。
現在お使いの寝具カバーについて、改善したいこと
このうち、第1位の「取り外しが簡単なカバーにしたい」と第2位の「早く乾くものがいい」は、いずれも、掛ふとんカバーの洗濯にかかる労力をより減らしたい、という点で共通しています。毎日肌に触れるものだからこそ、こまめな洗濯を行い、清潔に保ちたい、とお考えの方は、やはり多いようです。

一方では、毎日肌に触れるものだからこそ、肌ざわりの良い、「やわらかい素材にしたい」というリクエストが支持されている点も注目されます。眠りという、人生の約三分の一を占めるリラックスタイムを快適に過ごすため、ふとんカバーが担う役割は、決して小さくありません。

お客様の声
毎回、洗濯をした後にひもを結ぶのが面倒くさい。面テープやスナップタイプなどの、簡単に取り外しができるものが欲しいです。
(30代後半/主婦)

内側でひもで止めるのは布団がずれず、良いのですが、取り外しの際に大変面倒です。
(30代後半/会社員・公務員)

均一な柄のため、使用していて裏表、上下がわかりずらい。ダブルの掛けふとんは大きいため、カバーの取り替えに手間がかかる。
(30代前半/会社員・公務員)

干すときにも場所を取ったり、乾きにくいことが多いので、軽量化・乾きやすい素材など、洗濯後乾かす手間を極力少なくできるようにしてほしいと思います。そうすると、こまめに替えてより清潔さを保てると思います。
(30代後半/主婦)

冬でもすぐ乾く速乾性タイプがほしい。洗い換え用もセット(2枚セット)にして、安価なもの。
(20代後半/主婦)

ページのトップへ戻る↑


現状 襟元はとくに、清潔に保ちたい

寝具カバーの取り外し(取り替え)はいつしますか?

先にご紹介した「現在お使いの寝具カバーについて、改善したいこと」について、洗濯にまつわるリクエストが高く支持されたことを、裏付ける結果もありました。

上記のランキングは、「寝具カバーの取り外し(取り替え)はいつしますか」という質問に対しての回答分布です。ご覧のとおり、圧倒的に「洗濯をするとき」とお答えの方が多いことがわかります。このことからも、掛ふとんカバーの開発においては、洗濯がキーワードのひとつに挙げられるのではないでしょうか。

また、個別にいただいた声の中で多くの方が指摘した、「掛ふとんの襟元を覆うために別途、バスタオル、タオルケットなどを襟元カバーとして使い、こまめに洗濯する」というものも、洗濯にまつわるご意見として、注目されます。顔まわりだけでも、毎日清潔でやわらかなカバーを使いたい、という方は、決して少なくないようです。

そういった即席の襟元カバーには、バスタオルやタオルケットが好まれる傾向にありました。手ごろな大きさもさながら、パイル地ならではの吸湿性や肌ざわりの良さが求められているのかもしれません。

お客様の声
軽いもの、ほこりを通さないもの(髪の毛も)、洗濯で乾きやすいもの、洗濯でシワになりにくいものが欲しいです。
(30代前半/会社員・公務員)

今のふとんカバーは、あまり心地よくない。最初はノリがついているせいか、パリパリして痛い。もっとやわらかくて肌にいいものを購入したいと思っています。
(20代前半/会社員・公務員)

交換することに手間がかかる。顔まわりに触れる部分だけを毎日取り替えたい。カバーは毎日取り替えることができないので、顔まわりに触れる部分はバスタオルを毎日付け替えています。見た目が悪いですが……清潔一番!
(20代前半/会社員・公務員)

掛けふとんの首もとにバスタオルをつけて寝る人も、少なくないと思います。パイル地などの襟カバーも無印良品でつくってくれたら嬉しいです。掛けふとんカバーにボタンかなにか付いていて、固定できるようになっていたら、安全ピンなどの危険もないし、ズレなくていいと思いますが。
(30代後半/会社員・公務員)

羽毛ふとんはボリュームがあるので、カバーを取り付けにくい。どうしても上部(襟元)が汚れやすいので、こまめに洗いたいが乾くまでに時間がかかるので頻繁には洗えない。
(30代前半/会社員・公務員)

首、顔の当たるところにタオルをあてがいたいのですが、縫い付けてしまうと、洗うたびに外すのと、そのあとまた取り付けるのが面倒。
(50代後半/自営業)


次回予告 次は、ふとんカバーの開発レポートをお届けします

今回のアンケートでお寄せいただいた、たくさんの声をもとに、いよいよ、ふとんカバーの開発がはじまります。
2009年7月更新予定の次回は、新しいふとんカバー開発の途中経過を、皆さまにお届けする予定です。

次回の更新を、お楽しみに!

アンケート 発売第1弾