モノづくりプロジェクト
キッチン MUJI
「見た目も使い勝手も、無印良品のキッチンツールが一番」そんなモノづくりを、皆さまの声とともに目指します。
商品化までのステップ
アンケート&モニター募集
皆さまの声をお聞きします
アンケート結果&開発
サンプルをつくりました
第1回モニター会
実際に試してみました
第2回モニター会
さらに改良を重ねました
発売のお知らせ
着るエプロンができました

モノづくりプロジェクト[生活雑貨]トップへ戻る
第2回モニター会開催
試作エプロンを実際に使っていただき、さらに改良ポイントを探りました。
皆さまの声にヒントを得た、かっぽう着とタブリエという、2タイプの“着るエプロン”。
今回の第2回モニター会では、第1回モニター会でお見せした試作サンプルをさらに修正した、改良サンプルを用意しました。こちらは、モニターの中からあらかじめ3名の方に、試作サンプルをご自宅でモニタリングしていただいたご意見を反映したものです。
改良サンプルに、モニターの方たちはどのような反応を示したでしょうか。
ご自宅でのモニタリングを実施
より具体的な要望が浮かび上がりました。
第1回モニター会でお披露目した、“着るエプロン”試作サンプルを、引き続き3名のモニターの方にご協力をお願いし、実際にご自宅のキッチンなどで使っていただきました。その様子については、デジタル写真に収めた画像も交えて、開発チームへメールで細かく報告が送られました。
今回の第2回モニター会ではまず、自宅で使用している写真を見ながら、実際に試作サンプルを使って感じたことを、順に報告していただきました。
かっぽう着
試作サンプルの使い心地は?
「袖が邪魔にならない絶妙な長さでした」
「首まわりが空いているので涼しく感じました」
「中に服を着ていても、ギャザーがついているので着やすかったです」
「ポケットの位置がちょうどよかった。手がすっぽり入る大きさで、少し重いものを入れても丈夫で使いやすかったです」
「洗濯してみたら汚れがしっかり落ちました。乾きもよく、冬でもこまめに洗濯できそうです」
「家の中だけでなく、ガーデニングやゴミ出しなど外にも着ていけそう」
「袖口がきついです。ゴムの入れ替え口があってもいいかも」
「生地が厚くて、着心地が重い。肩がこりますね…」
「首まわりは、Vネックやカシュクールのようなデザインがあってもいいかも」
「黒のような、かっぽう着らしくないカラーもほしいです」
タブリエ
試作サンプルの使い心地は?
「ひもを2か所で結ぶので、体にとてもフィットします」
「きつくもなく、ゆるくもなく、ぴったり着られますね」
「前後が入れ替えられるので、Vネックとラウンドネックを気分で変えられるのが良いです」
「軽い着心地で、スカートのような広がったシルエットもきれい」
「肩ひもが落ちないので着やすかったです」
「(撥水ポリエステル綿のエプロンは)洗濯しても、ひもがしわになりませんでした」
「小柄な人には少し長いかも…」
「秋冬っぽい展開の色も欲しいですね」
「どちらかというと華やかな色がうれしいのですが」
「どうやって着るのか、最初は少し迷いました」
ページのトップへ戻る↑
試作サンプルから、改良サンプルへ
使い心地を参考に、細かな修正が加えられました。
試作サンプルについて、ご意見をお聞きした後、それらを踏まえて事前に修正を施した、改良サンプルをご紹介しました。
改良サンプルの修正ポイント
かっぽう着
・袖口のゴムを緩めに
・袖を長めに
・肩幅や身頃にゆとりをプラス
タブリエ
・ひもを長めにして縛りやすく
・色をやや濃い目に
かっぽう着モニターの声
「身頃のギャザーにゆとりがあってよかったです」
「袖口もゆるく快適になりました。でも、ゴムが入るなら袖丈は七分じゃなくて、長袖でもいいのかも…」
タブリエモニターの声
「ひもが長いと、前でも後ろでもしばれるから、便利ですね。じゃまな時は、後ろに回せます」
「長く使える色だと思う。作業全般に使うことを考えれば、濃い色のほうが汚れも目立たなくていいですね」
おしゃれな“着るエプロン”は8通りの着こなしが可能に
タブリエは、ひもを長く改良することで、8通りの着こなしを楽しんでいただけるようになりました。
第2回モニター会で、ひと足先にこの着こなしスタイルを紹介したところ、モニターの皆さまはさっそく興味津々のご様子。おしゃれな“着るエプロン”のデビューに、ますます期待が募ります。
商品担当者より
使い勝手を第一に、最後の修正を進めます
今回は、実際にご家庭で使用していただいた感想についてお聞きしました。
やはり、どのような場面で、どうだったか、どこが良かったか悪かったか、という点については、非常に気になる部分でした。
これからは、モニターの皆さまからいただいた声を参考にして、使い勝手を一番に、開発担当者が修正を繰り返していきます。
最終的な“着るエプロン”の仕上がりに、どうぞご期待ください。
ページのトップへ戻る↑
二度のモニター会を通じて、新たに生み出したかっぽう着とタブリエの使い心地を、じっくりと確認することができました。
ここからはいよいよ、最終サンプルの作成に入ります。ここまでの過程でいただいた、たくさんのご意見を手掛かりに、発売へ向けた最後の見直しが進められます。

次回は皆さまの声から生まれた、“着るエプロン”の最終仕様をご紹介する予定です。
どうぞお楽しみに。
第1回モニター会 発売のお知らせ