モノづくりプロジェクト
キッチン MUJI
「見た目も使い勝手も、無印良品のキッチンツールが一番」そんなモノづくりを、皆さまの声とともに目指します。
商品化までのステップ
アンケート&モニター募集
皆さまの声をお聞きします
アンケート結果&開発
サンプルをつくりました
第1回モニター会
実際に試してみました
第2回モニター会
さらに改良を重ねました
発売のお知らせ
着るエプロンができました

モノづくりプロジェクト[生活雑貨]トップへ戻る
第1回モニター会開催
最初の試作エプロンを、実際に着ていただきました。
皆さまからのアンケート結果を吟味した、“着るエプロン”の最初のサンプルが完成しました。
今回はその新しいサンプルや現在発売中のエプロンを試していただいた、第1回モニター会の様子をご紹介します。
新しい視点のエプロンに、皆さまの反応はどうだったのでしょうか。
まずは発売中のエプロンを試着
毎日使う立場から、さまざまなリクエストが出されました。
「私たちの考えた新しい“着るエプロン”、実際にはどうなんだろう……」

開発チームの不安と期待が入り混じった中、アンケートと同時に参加者を募っていた第1回のモニター会を開催しました。

今回はモニターの皆さまに、新しいエプロンのサンプルを着ていただきます。
モニター会ではまずはじめに、現在発売されているエプロンを試していただきました。これまでの商品に盛り込んできた使い勝手を、再度見直すことが目的です。

モニターに選ばれた皆さまは、普段からエプロンを使っている方ばかり。さすがにエプロンをつける姿も、さまになっています。
こうして実際にエプロンをつけながら、動きやすさも交えて、エプロンに求めるアイデアや要望を、ざっくばらんにお話しいただきました。

普段どのようにエプロンをお使いなのか、どういう満足や不満をお持ちなのか、そして最後に、どんなエプロンがあったらいいと思うか、などなど……開発チームの問いかけにも、普段お使いの状況を踏まえた意見が、すぐに返ってきます。
はじめに皆さまが試したエプロンは、無印良品で現在発売されているものです。
ラインナップは、(1)エプロン、(2)肩紐調整エプロン、(3)前掛け、(4)前掛けロングの4種類。素材は綿、麻、撥水ポリエステル綿の3タイプをそろえています。
その工夫について、いくつかご紹介します。
素材

こだわりのフレンチリネンを使っています。通気性や吸湿性に優れており、さらりとした肌触りと涼しさが持続します。
撥水ポリエステル綿
汚れがつきにくい撥水加工をしています。汚れが落ちやすく、洗濯後も乾きやすいポリエステルを使用しています。
仕様
定番の2デザイン
胸当て付きのエプロンは、スタンダードなかたちを採用しました。ざっくり着られるM・Lサイズのエプロン(左)と、肩紐でサイズ調節できるエプロン(右)をそろえています。
同素材のキッチン用品
同じ生地でキッチン・テーブルグッズがおそろいになるシリーズがあります。ミトンやティッシュケースなど、お好みの素材で統一することができます。
ページのトップへ戻る↑
新しいサンプルをお披露目
“着るエプロン”の登場に皆さまの反応は…?
そしていよいよ、新しいスタイルのエプロンを試していただきました。今回のアンケート結果を踏まえて用意した、2種類の“着るエプロン”です。
まずはひとつめのサンプル。
これは、いわゆる割烹着のかたちを生かしたタイプです。

スモックのように切替がある、かわいらしいデザインに仕上げました。後ろボタンで留めるようになっており、丸首で、袖は短め。袖口はゴムでぎゅっと締まっています。
モニターの声
「かわいい!」
「袖の長さも、ちょうど良い」
「袖が汚れない長さですね」
「でも、後ろのボタンに手が
  届かない…」

続いては、もうひとつのサンプル。
こちらは、新しいアイデアで用意したエプロンです。ささっと羽織れる着やすさが特長で、首を通して、前後で紐を結びます。

一見ロングドレス風のつくりは、着る人の体型を選ばず、普段着としてもすっきりとしたデザインになっています。フランスのエプロンに同じタイプのものがあり、そこから学んでつくりました。
開発チームはこの新しいエプロンを、フランス風に「タブリエ」と名づけました。
モニターの声
「家の中やゴミ出しなどの、
  “ちょっと出”などでも使えそう」
「一日中つけていられそうですね」
「エプロンだとおばさんっぽいけど、
  これならホームパーティなどでも
  着ても素敵」
「後姿がきれい」
新しいエプロン「タブリエ」のお披露目は、なかなかの好評で終了しました。
開発チームの面々も、まずはほっとした表情です。
商品担当者より
家事が楽しくなるエプロンを目指しています。
アンケート・モニター会を通じて、皆さまのエプロンの使用状況や要望の声を数多くいただきました。それらを開発チームにて検討し、あらためて、これからのエプロンを提案させていただきます。

エプロンは機能的でありながらも、ファッション性も求められるアイテムです。今回ご提案したサンプルは、エプロンとしての役割を満たし、作業がしやすい上で、さらに家事が楽しくなればという思いを込めてつくりました。

皆さまからいただいたたくさんのご意見は、私たち開発チームにとって、非常に貴重な生活者からの視点です。共感できるところもあれば、「そんな使い方知らなかった!」と発見することもありました。

また、新しいサイズのエプロンや、調理実習などでお子さまがお使いいただけるエプロン、親子で一緒に家事を楽しむ時に使えるエプロンなど、いくつかのリクエストもいただきました。こちらについても、対応を検討しているところです。

今回のモニター会で一番人気のあった「タブリエ」は、8通りに着こなせるよう、ただいま開発中です。次回はその修正サンプルをモニタリングしていただく予定です。
ページのトップへ戻る↑
今回のモニター会を通じていただいた、具体的な改良ポイントや素材に関するコメントの数々。
これらを踏まえて、開発チームがさらに皆さまの声を反映したエプロンづくりに向け、サンプルに磨きをかけていきます。

次回のモニター会&開発のご報告を、ぜひお楽しみに。
アンケート結果 第2回モニター会