mamaMUJIトップへ

mamaMUJI ママ&こどもグッズをつくろう!

「入園・入学グッズ」をつくろう!

無印良品では、入園や入学を迎えるお子さまとママに使っていただきたい、「なるほど!」な必需グッズの開発を目指しています。


入園・入学グッズ開発状況
1.アンケート&ママモニター募集
2.アンケート結果
3.第1回ママモニター会
4.第2回ママモニター会
5.商品完成
6.モニターレポート

モノづくり[mamaMUJI]トップへ戻る
「飲み方が変えられる水筒」ママモニターレポート
2009年1月に発売を迎えた「入園入学グッズ」。そのうち、「飲み方が変えられる水筒」をママモニターの皆さまにお送りし、あらためて使い心地をレポートしていただきました。

モニター会でも一番熱い意見が交わされた水筒について、ママたちはどのような感想をお持ちになったのでしょう。さっそくご紹介します。
「お手入れがしやすいですね」
うちの子には少し小さいように思いましたが、標準的な1年生であれば問題ないと思います。幼稚園から低学年まで、十分対応できると思いました。使い勝手についても、コップもストローも問題ありません。少し乱暴に振り回してみてもらいましたが、中身が漏れることはありませんでした。

便利だと思ったのは、お手入れのしやすさ。特に、ストローの口に付く方のパーツが外れるのはいいですね。以前使っていたものは、外れませんでした。
(小学1年生の男の子のママ)
「シーンに応じた使い分けが便利」
1年生の娘が、ひもを付けずにストロータイプにして、バレエレッスンや休日のお出かけに、バッグに入れて持っていきました。園や机の上で飲む時はコップタイプが便利でしたが、今の生活では開閉の楽なストローが合っているんですね。「すぐ飲めてうれしい!」と喜んでいました。

また、軽いので、気軽に持って行けるのもいいですね。
(小学1年生の女の子、年少クラスの男の子のママ)
「自分でパーツを取り替えていました」
子どもが肩からかけて、ちょうどよい大きさ。そのまま肩からかけてしばらく遊んでいました。ステンレスになると、子どもは重くて嫌がるのかもしれません。

パーツの取り替えや肩ひもの調節も、子どもが自分でやっていました。年中さん(5歳くらい)のお子さんにはぴったりだと思います。また、ストローが柔らかかったので、下の子(1歳前)も一緒に使うことができました。
(年中クラスの女の子のママ)
「水筒カバーをぜひつくってください」
ストロータイプはワンプッシュですぐ飲むことができ、使いやすそうでした。片手で水筒を持ち、立ったままでも、飲みたい時にすぐ飲めるので、散歩やお出かけ時に便利でした。

コップタイプは中身をコップに注ぐので、ものを食べながらでも、食べ物のカスが水筒の中に入ることがなく、最後まで中身は衛生的。お弁当を食べる遠足やピクニックなどにピッタリ。

ただ、裸のままの水筒ではシンプルですが、子どもらしさがありません。普段から気軽に使え、洋服の上から斜めがけしても違和感がないような、可愛らしい水筒カバーをぜひつくってください。(キズ防止のためにも)
(小学1年生の男の子のママ)
「名前が書けるとうれしいです」
水筒は、幼稚園の間くらいなら、ちょうどよい大きさです。小学生ならもう少し大きくてもいいのでは。大と小があればいいかと思います。

水筒にカバーができれば良いですね。また、水筒本体やカバーに名前が書けるようにしてほしいです。
(年少クラスの女の子のママ)
「カバーやストラップに色バリエーションを」
口が大きいので洗いやすいですね。
大きさについては、我が家の息子たち(小学3年生・小学1年生)はよくお茶を飲むので、冬は良いですが、夏は足らないと思います。公園などに持っていくくらいの程度ならちょうどいいです。

あとは、本体は良いのですが、ストラップの色に選択肢があればうれしいです。ただ、もし水筒カバーが数種類(数色)あるのであれば、ストラップは1色でも構いません。
(小学1年生の男の子のママ)
ページのトップへ戻る↑
開発担当者より
昨年春のアンケート実施から始まって約1年、皆さまの貴重なご意見をいただきながら開発を進めてきた「入園・入学グッズ」プロジェクトも、今回で最終回となりました。
水筒・カトラリーケースなどお弁当まわりのアイテムを中心に、ふくろ手作りキット・お昼寝ふとんシリーズと、新シリーズを発売することができました。
ありがとうございました。
社内で考えているだけでは見えないリアルな声、新鮮な意見をお聞きすることができたので、私自身も毎回楽しく、興味深くモニター会を行ってきました。

モニター会の中でもご要望の多かった水筒カバーですが、発売後ご購入いただいたお客さまからもご要望が多いので、2009年5月発売を目指して、ただいま商品を開発中です。
「ストラップをもう少し長くできるように」、「お名前欄をつくってほしい」という声も活かした商品にできればと思い、開発を進めておりますので、発売を楽しみにしていただければと思います。

また、3月下旬から、次の mama MUJI テーマが始動します。
「こどもの持ち物」
幼稚園・保育園や小学校で毎日使っているバッグってどんなバッグ? 何が入っているの?
はじめて子どもにおさいふを持たせる時っていつ? どんな形がいいんだろう?
またいろいろご意見を伺いながら、お子さまが喜んで毎日持ちたくなるものを、皆さまとつくっていきたいと思います。まずはアンケートから。楽しみにしていてくださいね。
ネットストアでも「入園・入学グッズ」をご購入できます。

ご紹介しているこれらの商品は、ネットストアにてお求めいただけます。また、お近くにお店のある方は、ネットストアにてお店の在庫確認をすることができます。ぜひご利用ください。

→「トドラー雑貨・インナーウェア」はこちら

→店舗在庫確認サービスはこちら
水筒カバーの開発を進めています
約1年にわたって続いた mama MUJI 「入園・入学グッズをつくろう!」の更新は、今回で終了となります。
しかし、今回新たにお寄せいただいたご意見を商品開発へ活かし、現在、「飲み方が変えられる水筒」に使える水筒カバーの開発を進めています。
こちらの発売は2009年5月頃を目標にしています。店頭などで水筒カバーをご覧になった際には、ぜひお手に取って、 mama MUJI 「入園・入学グッズをつくろう!」のことを思い出してみてください。

また、2009年3月下旬には、新たな mama MUJI プロジェクトとして、「こどもの持ち物」の開発がはじまります。こちらも第1回はママたちへのアンケートからはじまります。ぜひ、ご期待ください。
商品完成
「入園・入学グッズ」について、またmama MUJIで取り上げて欲しいものについて、皆さまのご意見をお寄せください。