モノづくりの第3弾は「すわる生活」です。
投票では、お部屋の中でスペースを占めないで、
ソファのようにリラックスできる
「体をあずける大型クッション」に人気が集中しました。

「部屋が狭くてソファが置けない」ならば、
大きなクッションにソファの機能を付加したらどうだろう。
そんな新しい発想から生まれたのが、このアイデアです。

さらに、こだわったのはフィット感です。
ゆっくりと心を落ち着かせることができる、
人を包み込むような座り心地を目指しました。

2001年12月26日〜2002年1月15日まで、アイデア投票を行いました。
皆さまから一番人気が高かったのは 「体をあずける大型クッション」でした。
ソファほどスペースを占めないで、ソファのようにリラックスできる点に
人気のポイントがあったようです。
[プロジェクトno.3]のテーマ「すわる生活」に、たくさんのご投票をいただき誠にありがとうございました。お部屋でゆったりとリラックスしたいという気持ちはあっても、スペースの配慮からなかなか大きな商品を購入するのは難しいものです。そうした実際の生活ではどのように暮らしているのか、という点から今回のテーマは始まりました。皆さまからの投票で人気が高かったのは「体をあずける大型クッション」でした。ソファは欲しいけれども部屋が狭くなってしまうので、この「体をあずける大型クッション」ならばコンパクトにリラックスできそう、という方の声が非常に多かったようです。また具体的にこうなっていて欲しい等詳しく書き込んでいただいた方が多かったのも今回の特徴でした。
この投票結果から商品開発スタッフが商品化の実現性が高い商品アイデアを選び、次のステップであるデザイン投票に進んでいきます。
敷物や枕がわりに使われるクッションは、
長時間使う時には意外とくつろぐのが難しかったりしませんか。
そんな時に形が自由に変えることができたり、
体をゆったりとあずけてもバランスがとれる大きなクッションがあったら、
きっと床に座る時にも便利だと思います。
クッションの中身には細かいビーズ等を使用して、
柔らかくて自由に形を変えられるものがいいと思います。

   

 

[10代 女性 学生(中学生以下)]
前にアメリカにいた時、学校の床(じゅうたん)に大きなクッションが
2、3個あって、その中にうずもれて本を読むのが好きでした。
確か素材は薄いシャカシャカしたナイロンで、
粒が大きめのビーズだったと思います。
少し固めで安定感があって疲れにくかったです。
ぜひ商品化してほしいと思います。


[20代 女性 会社員(企画)]
なかなか真の意味でくつろげるクッションってないものですよね。
これなら、くつろぎ感としっかり感がある気がします。
ただ問題なのは、置くスペースかな?
あんまり大きいようだと、部屋が占領されてしまうのが問題だと思います。
あと、カバーがある程度好きに選べて、しかも洗えるものを望みます。


[20代 男性 会社員(情報システム)]
今ソファが欲しいななんて丁度思っていたところです。
ただ部屋にソファを置いてしまったら
ますます狭くなってしまうのではと不安もありました。
形を変えられるクッションであれば
場合に応じて柔軟に使えるかなと思い1票投じさせていただきます。



最近では座った時にリラックスできるマッサージチェアやロッキングチェアが人気です。でもそうした椅子は意外と場所をとってしまいがちです。そこで座椅子をうまく活用してゆらゆらとロッキングしたり、リクライニングする座り心地重視の座椅子ができないかと考えました。これならば場所もとらず、ゆったりとリラックスできるのではないかと思います。
床に座った時の姿勢は前かがみであったりして悪くなりがちです。だからといってソファを置く場所はなかなかとれないものです。そんな時に床に置ける座椅子のようなソファで体を支えるものがあったらいいなと考えました。しっかりとしたクッション地で首や頭ぐらいまで背もたれがついているもので、できればひじ掛けもついている商品。デザイン的にも優れているものだとうれしいと思います。
お部屋の中でテレビを見る時にごろんと寝転がったりしてくつろぐことってありませんか。そんな時って首や腕が痛くなったりしてリラックスできる姿勢で長い時間くつろぐのはなかなか難しいと思います。そこでゆったりと寄りかかることのできる大きめのクッションのようなものがあればいいなと思いました。また寝転がった時に無理なく首や頭を支えてくれる枕の役目も果たすもので、できれば敷物の役目を果たすマットもついていると体が痛くならずにうれしいかもしれません。
普段見かける多くの座椅子は座面が床と一緒の高さのタイプがほとんどだと思います。でもそうした座椅子は意外と体を圧迫したりしてくつろぐのが難しかったりします。そこで座面を床から少し高めに、また大きめにした座椅子があればいいなと思いました。そうすることで体の圧迫が少なくテレビ等を見るときにも目線の高さのずれが緩和されると思いますし、座面が大きければゆったりと座れたり、あぐらをかいたりもできると思いました。