無印良品 キャンプ場

カンパーニャ嬬恋キャンプ場

subtitle

嬬恋キャンプ場自然便り

20201004

こんにちは。キャンプ場スタッフの荒井です。

10月に入り、カンパーニャ嬬恋キャンプ場では寒さが増し、
フリースやダウンジャケットが手放せなくなってきました。

寒さが増すにつれて、嬬恋キャンプ場の自然も色づき始めています。

IMG_1403.JPG


キャンプ場周辺で1番初めに色づくのは、「ウルシ」という植物です。
ウルシは、人によっては触るとかぶれてしまう、注意が必要な植物なのですが、
紅葉はとても色鮮やかで目をみはってしまいます。

IMG_1400 (2).JPG


また、ひとつの葉っぱでも、色づきの進み具合が違い、
カラフルに見える葉っぱもありました。

IMG_1391 (2).JPG


ミズナラの木は、色づきはまだでしたが、ドングリの実をつけ始めていました。
葉の根元に、ドングリ帽子がたくさんついています。
実はこれから大きくなっていくのでしょう。

IMG_2185 (2).JPG


同じくミズナラの木の葉っぱを見ていると、赤く真ん丸な小さな玉を見つけました。
なんときれいな玉でしょう。

IMG_5059 (2).JPG

これは、「ナラハヒラタマルタマフシ」という名前の「虫こぶ」です。
虫こぶとは、植物に虫が寄生して、植物の形が変形してしまったものです。
赤いきれいな玉の中には、「ナラハヒラタマルタマバチ」というハチの幼虫がいます。

ちなみに名前は、
 ナラハ→ミズナラの葉っぱ
 ヒラタ→平たい(葉っぱの接地面が平たい)
 マルタマ→丸い玉
 フシ→こぶ
という意味で構成されています。


DSC08338 (2).JPG

嬬恋キャンプ場の自然にも秋が訪れています。
ぜひ、遊びにお越しください。

最新の記事一覧

2021年08月18日
8/25・26 近隣温泉施設「湖畔の湯」臨時休館のお知らせ
2021年08月17日
夏秋キャベツ出荷日本一!嬬恋村。
2021年08月01日
クマ出没情報に関して(8/1更新)
2021年08月01日
8月バラギ湖フィッシングエリア 釣果情報
2021年07月29日
津南キャンプ場採集記録
2021年07月28日
夜の過ごし方
2021年07月26日
夏のアウトドア教室を紹介します
2021年07月21日
第2報_クマ出没情報に関して(7/21更新)
2021年07月21日
クマ出没情報に関して(7/21更新)
2021年07月18日
クマ出没情報に関して(7/18更新)

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る