無印良品 キャンプ場

カンパーニャ嬬恋キャンプ場

subtitle

私の紅葉の楽しみ方

20151016

こんにちは。田中です。

キャンプ場では最低気温が5℃を下回る日々が続いています。
ご来場予定のみなさん、防寒対策はしっかりと準備してきてくださいね。


さて、場内の紅葉は、鮮やかな赤色や黄色が若干落ち着きをみせ始め、
落葉も進んで「侘び寂び」の領域に入ってきています。

bIMG_9334.jpg


bIMG_9335.jpg


bIMG_9329.jpg


bIMG_9330.jpg


bIMG_9328.jpg


bIMG_9332.jpg


場内を赤や黄色を探しながら散策していると、ふと、日本人はこれほど紅葉を愛でるのに、紅葉の赤や黄色を表す表現があまりないことに気づきました。

bIMG_9339.jpg


同じ木の葉っぱでも色味はだいぶ違ってきます。

「紅葉色(もみじいろ)」など植物の名がついた伝統色名や、着物の染めの世界では「青朽葉色」「黄朽葉色」「赤朽葉色」などの紅葉にまつわる色名がありますが、ちょっとざっくりしていてあまりピンときません。
かと言って、この葉っぱはパントーンの何番で・・・っていうのも味気ないしなぁ。。。

なんてことを考えていたら、ぴったりの色見本があることに気づきました。

コレです。

bIMG_9338.jpg


そう、ワインのカラーチャートです。


しかも嬬恋村の周辺地域は、千曲川ワインバレーと呼ばれる長野県東御(とうみ)市や、栗で有名な長野県小布施(おぶせ)町など、小さいながらもこだわりのおいしいワインを作っているワイナリーがたくさんあるのです。

ということで、ワインのカラーチャートで「紅葉」も「ワイン」も両方楽しむことにします。

今日は「小布施ワイナリー」の2012年シラーをいただきます。

bIMG_9341.jpg

うーむ、
スパイシーな香りは確かにシラーですが、ヨーロッパのどっしりとしたシラーとは違って軽快な口当たりのおいしさです。
色味は一番下の山法師の葉っぱに近いでしょうか。


静かな秋の中、ささやかながら楽しいひと時となりました。

みなさんも、ぜひ自分なりの紅葉の楽しみ方を見つけてみてくださいね。
 
 
 

最新の記事一覧

2021年08月18日
8/25・26 近隣温泉施設「湖畔の湯」臨時休館のお知らせ
2021年08月17日
夏秋キャベツ出荷日本一!嬬恋村。
2021年08月01日
クマ出没情報に関して(8/1更新)
2021年08月01日
8月バラギ湖フィッシングエリア 釣果情報
2021年07月29日
津南キャンプ場採集記録
2021年07月28日
夜の過ごし方
2021年07月26日
夏のアウトドア教室を紹介します
2021年07月21日
第2報_クマ出没情報に関して(7/21更新)
2021年07月21日
クマ出没情報に関して(7/21更新)
2021年07月18日
クマ出没情報に関して(7/18更新)

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る