無印良品 キャンプ場

カンパーニャ嬬恋キャンプ場

subtitle

フライ虫シリーズ1

20100514
フィッシングエリア

こんにちはカンパーニャ嬬恋キャンプ場インストラクターの櫻井です。


前回どんな虫が捕れたか。
では、早速いってみましょう。

今日紹介するのは『トビケラ(カディス)』。

tobikera.jpg

見やすく、渓流でも使い勝手の良いフライですよね。

今回見つけたものは、
小石で筒状の巣(ケース)を作り、体長1cmほど。

おそらく、ニンギョウトビケラ属と思われます。

石粒で作った巣は、もちろん身を守るため。
ヤドカリのように、巣を背負ったまま移動します。

移動はのんびり、泳ぐことは出来ず、歩きます。

巣を取り除いてみると、
中からはイモムシのような形の幼虫が姿を見せます。

さすが、イモムシ。
身を守る時は丸まりますね。

これをタイイングするときは
カーブフックを使うと有効かもしれません。

もちろん、ケースを付けたままのフライもありますよ。

どっちが有効かは・・・試してみないとですね。

よーし、釣れるフライ作るぞ〜。

では、また次回。

「バラギ湖フィッシングエリア」の詳細はコチラ。

最新の記事一覧

2021年08月18日
8/25・26 近隣温泉施設「湖畔の湯」臨時休館のお知らせ
2021年08月17日
夏秋キャベツ出荷日本一!嬬恋村。
2021年08月01日
クマ出没情報に関して(8/1更新)
2021年08月01日
8月バラギ湖フィッシングエリア 釣果情報
2021年07月29日
津南キャンプ場採集記録
2021年07月28日
夜の過ごし方
2021年07月26日
夏のアウトドア教室を紹介します
2021年07月21日
第2報_クマ出没情報に関して(7/21更新)
2021年07月21日
クマ出没情報に関して(7/21更新)
2021年07月18日
クマ出没情報に関して(7/18更新)

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る