無印良品 キャンプ場

カンパーニャ嬬恋キャンプ場

subtitle

栄光は誰の手に?

20090203
氷上わかさぎ釣り

こんにちは!
嬬恋キャンプ場スタッフ清水です。


とある平日の朝。
いつもどおり出勤してくるスタッフ達。
互いの視線が合ったその瞬間から、
勝負はすでにはじまっていたと言えるでしょう。


今日は『スタッフ対抗・誰のタックルが一番か!』対決の日。


対決の前日から
「誰がどの竿で釣るか!」「餌は何を使うのか!」
と、いつになく緊迫&高揚した空気が流れていたのです。
なにせ毎日お客様の釣果を聞くたびに、
内心はウズウズしていた我々ですから。。。

エントリーは
●干川キャンプ場支配人
●インストラクター櫻井
●キャンプ場スタッフ 清水
●キャンプ場アルバイト 浦島
以上の4名。

浦島はキャンプ場に来て4日目のニューフェイス。
バス釣りの経験はあるものの、
わかさぎ釣りは初めてとのこと。

浦島以外の3人はわかさぎ釣り経験者なので
ちょっと不利かもしれませんが、
そこは若さがカバーしてくれるはず。
結果が楽しみです!

14時。始まりのゴング。
ルールは15時までの1時間で何匹釣れるか。
勝者には『自分のタックルを紹介出来る権利』が与えられます。
手に手に自慢のタックルを持って、いざ湖上へ!


82B18FE3.jpg
先に入っているお客様情報によると、今日はなかなか渋いとのこと。
天気は良いものの湖上の風は強く、
勝負の厳しさを物語るようです。


1人用テントの幌を下ろし、竿先の微かな動きに全神経を集中する。
ここから一人の時間がはじまります。
餌を替える手つきもおぼつかない寒さのなか
時間は刻々と過ぎていく。
1匹、また1匹・・・。
82B582CD82A282C982F1.jpg

15時!試合終了〜!
さあ、勝利はいったい誰の手に!?


89Y938782AD82F18BA82E9.jpg
センターハウスへと向かう浦島の背中に宿るのは
勝利への確信か、はたまた落胆か?


結果をお知りになりたい方は、
次回のブログをご覧下さい!

最新の記事一覧

2021年08月18日
8/25・26 近隣温泉施設「湖畔の湯」臨時休館のお知らせ
2021年08月17日
夏秋キャベツ出荷日本一!嬬恋村。
2021年08月01日
クマ出没情報に関して(8/1更新)
2021年08月01日
8月バラギ湖フィッシングエリア 釣果情報
2021年07月29日
津南キャンプ場採集記録
2021年07月28日
夜の過ごし方
2021年07月26日
夏のアウトドア教室を紹介します
2021年07月21日
第2報_クマ出没情報に関して(7/21更新)
2021年07月21日
クマ出没情報に関して(7/21更新)
2021年07月18日
クマ出没情報に関して(7/18更新)

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る