無印良品 キャンプ場

カンパーニャ嬬恋キャンプ場

subtitle

水辺ガサゴソ隊

20080701
アウトドア教室

こんにちはカンパーニャ嬬恋キャンプ場インストラクターの櫻井です。

今日は久しぶりに晴れました。
快晴も快晴、暑いぐらいです。

あまりにも暑かったので、これはチャンス!
ウォーターシューズに履き替え、ズボンの裾をまくって、
帽子をかぶり、手に網とペットボトルを持って。

「よし、いざ出陣!」
「って、どこに行くんですか??そんな悪ガキみたいな格好して」
とあわてて聞くスタッフ清水。
「バラギ湖に水辺の調査です。」と冷静に答えます。

「あ、はい、いってらっしゃい。」
ポカンとする清水を横目にルンルン気分で出かけます。


バラギ湖に着いてまず目に付いたのはカエル。
足下で何かが跳ねたなと、よくよく観察すると小ぃ〜さいカエル。

83J83G838B.jpg

種類は残念ながらもうチョット成長してもらわないと、
判別出来ません。


続いて水に入って網でガサゴソ岸際をさらいます。
出るわ出るわ、魚から虫からエビまで。

では、バラギ湖の虫たち一部を紹介します。

83~83Y83J837D83L838A.jpg

ミズカマキリ。カマキリのように水際で獲物を待ちかまえます。
おしりの棒からシュノーケルのように空気を吸います。


838883V83m837B838A.jpg

ヨシノボリ。
濡れた岩場をさかのぼる姿からこの名前がつきました。


83X83W83G83r.jpg

スジエビ。
手長エビの一種で、体にスジ模様が入っているのが特徴。


83N838D83C83g83g8393837B82CC838483S.jpg

クロイトトンボのヤゴ。
姿は羽がないだけで、ほぼトンボの形をしているのが特徴。

ざっと紹介しましたが、バラギ湖にはまだまだ色んな種類の
生き物が生息しています。

そんな生き物たちを見られる教室はこちら
「水辺探索」


バラギ湖の生態系をのぞいてみませんか?

最新の記事一覧

2022年03月16日
八ッ場あがつま湖でカヤック漕いできました
2022年03月15日
バードウォッチングのすすめ
2022年03月13日
氷上わかさぎ釣り営業終了のお知らせ
2022年03月13日
3月13日 バラギカップ
2022年03月13日
氷上わかさぎ釣り 2022 釣果表
2022年03月12日
3月12日 バラギカップ結果
2022年03月11日
1人バラギカップ
2022年03月10日
石樋の滝へスノーシューハイク
2022年03月06日
3/12.13 目指せ竿頭! バラギカップ2022開催します!
2022年03月05日
あなたは何サシ?

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る