無印良品 キャンプ場

南乗鞍キャンプ場

subtitle

冬の外あそび研究会(雪上・氷上キャンプ編)

20170309

こんにちは。田中です。

先日嬬恋キャンプ場にて行なった「冬の外あそび研究会」、
ワタクシの研究テーマは「雪上・氷上キャンプ」。

一列に並んでみんなで足踏みしながらの圧雪と、風を防ぐ雪のブロックが必要かと思われたテントサイト作りですが、見ての通り、今日の積雪はしっかりと締まっていてツボ足で乗ってもびくともしません。

今日はこのままテントを張れそうですね。

bIMG_2945.jpg

各々の私物テントやレンタルで使用しているテントを張っていきます。

今回の研究、山岳テントが多数を占める中、注目株はマツダ研究員のワンタッチテントです。


後ろではカナヤ研究員とヤマイワ研究員が、あくせくとテントのポールを組み立てているのに、この余裕な表情。
一瞬で組み上がるワンタッチテントの余裕ですね。

bIMG_2951.jpg

オールシーズン、オールウェザー、ワンタッチテント一筋のマツダ研究員。
もはやワンタッチテントが体の一部になっているかのような錯覚さえ覚えます。
なんかカッコイイ。

bIMG_2950.jpg


写真を撮るまもなくテントを張ったマツダ研究員。
ちょっと浮いてる感もしますが・・・

bIMG_2977.jpg


今日は天気がいいので各研究員のテント、画になりますネ!

bIMG_2980.jpg

bIMG_2981.jpg


一方、バラギ湖の氷上で泊まる「氷上キャンプ」チームも。


ワタクシは、ダレデモドームに宿泊してみました。

コットを入れて灯りをつけると、何とも洒落たラグジュアリーな空間に。

bDSC_0073_1.jpg
 
 
bDSC_0077_1.jpg


そして翌朝、温度計を確認すると、最低気温は-12℃。

氷上にキャンプした研究員たちの元を訪れてみると・・・


bDSC_0091.jpg

氷上に山岳テントを張ったワタセ研究員。
やっぱり氷上へのペグは鋳鉄製のペグを打ち込むしかないのでしょうか。
アンカーについては今後の研究課題ですね。


こちらは、氷上でワカサギ用カタツムリテントに宿泊したマルヤマ研究員とマシモ研究員。

bDSC_0096.jpg

横になる時のポジショニングが大事なようで、やはり寝るには大きいテントの方が快適だったとか。それにしても結露スゴそうですね。
「移動が可能」というわかさぎテントの特性をいかした研究も今後の課題でしょうか。

雪上キャンプ組も訪れてみます。


ワンタッチテント健在です。(だいぶ寒かったそうです)

そしてその奥では、フライシートレスで宿泊したオオシマ研究員。
フライ張るのが面倒だっただけ?というウワサもありますが。

bDSC_0098.jpg


この日の朝方はだいぶ冷え込みましたが、それぞれのスタイルで雪上・氷上キャンプを楽しんだ様子。

bDSC_0101.jpg


あ~、そういえば今回は「ハンモックテント」がいなかったなぁ。
次回はハンモックテントで寝てみるかな。


以上、「雪上・氷上キャンプ」研究報告でした。

最新の記事一覧

2019年03月29日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」 今年のテーマは・・・
2019年03月28日
もうすぐ7月予約開始!
2019年03月22日
キャンプ場視察
2019年02月27日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」開催のお知らせ
2019年02月26日
南乗鞍キャンプ場【スタッフ募集】のお知らせ
2019年02月01日
南乗鞍キャンプ場 営業日のお知らせ
2019年01月28日
はじめてのキャンプ~飛騨牛BBQ食べ放題
2019年01月21日
冬の四阿山スノーシュー登山&バラギ湖氷上テント泊
2019年01月16日
飛騨古川 三寺まいり
2019年01月01日
新年あけましておめでとうございます

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る