無印良品 キャンプ場

南乗鞍キャンプ場

subtitle

クマ出没 7月15日現在

20110715

6月26日(日)17時頃、
南乗鞍キャンプ場の場内にてスタッフがクマを目撃いたしました。
(Dサイト最上部、D30付近、森林浴コース上部の入口あたり)

7月15日(金)現在の対応に関して

地元猟友会による数日間の場内および周辺の巡視・点検の結果、
場内の居つきのクマではなく、たまたま場内に現れた迷いクマであろうとの判断でした。

現在場内では、スタッフによる巡回、
草刈・枝打ちといった場内整備を行っておりますが、
6月26日の目撃以降、7月14日(木)現在までの期間、
クマの姿・痕跡は、確認されておりません。


引き続き安全にご利用いただくため、クマへの対策は行って参りますが、
14日までクマの姿・痕跡等が見当たらなかったので、
本日15日より全サイトを開放し、通常営業に戻します。
(ただし、一部見通しが悪く、人の気配が少ないMTB原生林コース・遊歩道の一部
区間に関しては念の為規制を継続します。)


無印良品南乗鞍キャンプ場の対策

1.夜間・早朝の見回り

2.クマを寄せない為のバクチク(朝・晩)

3.クマ鈴の無料貸出

4.場内遊歩道等の草刈の強化を行い出来るだけ見通しを良くする。

5.クマを寄せ付けない為のにおい(ウルフピー)の設置 

規制エリア開放により施設がご利用いただけますが、油断せずに
お客様におかれましても安全の為次のことに十分ご注意ください。
・場内での単独行動
・クマ鈴などの装着
・食材や生ゴミなどを絶対に外に放置しないこと

ご来場の方にはご不便おかけしますが、ご注意ご協力をお願いします。

キャンプ場へお出掛けの際は下記のことをご参考に
十分にご注意ください。

●クマの生態・対策
多くの場合、先にクマが人間に気がつけば、自分からその場を離れ
ていきます。クマが人間に危害を加えた例では、自己防衛が第一の
理由と考えられています。
山の中に入るようなときは、鈴やラジオなど音の出るものを身に付
けて、常にクマに対して自分の存在を知らせることが大切です。
また、クマの活動が活発になる朝・夕は、山中での行動は極力避け
ましょう。
もし、出会い頭にばったりクマと出会ってしまい、クマが立ち止まってい
たら、急激な動作や慌てて後ろを向いて逃げたりせずに、クマに向き
合ったままゆっくりと後退していくのが有効なようです。
また、子グマの近くには必ず母グマがいます。子グマを見つけたとしても、
決して近づいたり、捕まえようとせずその場から離れましょう。

最新の記事一覧

2019年03月29日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」 今年のテーマは・・・
2019年03月28日
もうすぐ7月予約開始!
2019年03月22日
キャンプ場視察
2019年02月27日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」開催のお知らせ
2019年02月26日
南乗鞍キャンプ場【スタッフ募集】のお知らせ
2019年02月01日
南乗鞍キャンプ場 営業日のお知らせ
2019年01月28日
はじめてのキャンプ~飛騨牛BBQ食べ放題
2019年01月21日
冬の四阿山スノーシュー登山&バラギ湖氷上テント泊
2019年01月16日
飛騨古川 三寺まいり
2019年01月01日
新年あけましておめでとうございます

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る