無印良品 キャンプ場

南乗鞍キャンプ場

subtitle

櫻井VS馬場田 フィッシング対決!!

20100722

みなさんこんにちは。

本日の昼食時の会話より。
田中「こう見ると、僕が一番白いね。」
(腕を見ながら話すチーフ田中)
山岩「たしかに!!僕は2番手かな〜」
櫻井「いやいやいやいや、そんなわけないですよ!!」
(腕を並べてみる3人。)
櫻井「!?」
・・・・・・・
決してバカンスに行って来たわけではありません。
南乗鞍キャンプ場櫻井迪代です。

7月24日に開催される「南乗鞍キャンプ場フィッシングDAY」!!
早朝5時オープンやレンタルロッド無料貸し出しなどなど、盛りだくさんですがやっぱり1番気になるのがフィッシングダービーですよね〜
っということで、今から興奮冷めやらない私とインストラクター馬場田のフィッシング対決を決行しちゃいました。

DSC_1358.jpg

さぁ、ここで問題です。
問1
一体どちらが勝ったでしょう?
問2
対決終了後に櫻井さんに起きた悲劇とは何でしょう?

※正解は一番下に書いてあります。


以前から、自分のルアーロッドがほしかった私・・・
そこに南乗鞍キャンプ場のカリスマ店員、田中。
フィッシングコーナーのカリスマ店員、山岩。
その2人が現れ、巧みな言葉とプレゼンで私の物欲を掻き立ててきたのです・・・
DSC_1357.jpg

結局、マイロッドとルアーを購入してしまった私・・・(こうして財布は悲鳴を上げてゆくのです。)

欲しかったから、まぁいいや!!
更なる意気込みを胸に、いざ決戦の場所フライ&ルアー池へ!!
出陣じゃ〜!!

最初は、明るく派手な色、ゴールド、ピンク、オレンジのスプーンで攻めていたが反応があまりよくありません。
DSC_1361.jpg
そして、時は過ぎ・・・
あたりが暗くなりはじめ、撮影班の山岩支配人から出てくる言葉の9.5割が「お腹空いた〜」「早く釣って〜」の2つになっていった・・・(開始30分ぐらいでしたが)
っとそのときインストラクター馬場田の竿がググっとしなります。
馬場田「来た〜!!!!!!」
櫻井「…」

DSC_1370.jpg

DSC_1376.jpg

見てくださいこの憎たら・・・
さわやかな、勝利の微笑みを。
DSC_1385.jpg


1匹釣れた時点で、お腹の空き具合が限界に来ていた支配人はすぐさま
山岩「しゅ〜りょぉ〜。さぁ、帰るよ。」

ロッドを片付け、出口に向かう山岩と馬場田。
山岩「櫻井さん、負けは負けです。さぁ、帰るよ。」
馬場田「櫻井さん、もう無理ですって。」

櫻井「…はいはい。わかりましたよ。帰りますよ。」
「帰り…!!!!!!」
DSC_1392.jpg

帰ろうとしたその瞬間ググググッ。
(今からお伝えする内容に台本はありません。すべてノンフィクションでお送りいたします。)

櫻井「きぃ〜たぁ〜!!!」

ゆっくりと、確実に魚を足元に寄せていきます。


バシャ!!バシャ!!元気の良いニジマスがそこにはいました。
カメラを持った支配人がわざわざ出口から戻ってきたそのとき・・・
さっきまでバシャバシャしていたお魚さんが静かにスーっとお家に帰ってしまったのです。
写真収められず。

山岩「え〜バラしたの?まぁさっき終了しているし、ノーカウントで!!」
櫻井「そっそんなぁ」
がっくりと肩を落とした私の足元で音がしました。
ポチャ・・・

ロッドと一緒に買ったばかりのルアーが水底に沈んでゆきます。
櫻井「ああああああ!!MY ルアーがぁああああああ!!」
DSC_1397.jpg

結局、私に残されたのは負けた悔しさと、決死の想いで救ったMY ルアーだったのでした。
でも、楽しかった。
1人で釣るのも楽しいですけど、競う相手がいるのもまた楽しいですね。
どうして、こんなに燃えちゃうんでしょ??
皆さんも、大人、子ども関係なく、フィッシングに燃えてみては如何でしょう?

次、絶対リベンジしてやる!!
馬場田に勝てる秘訣、テクニックを私に教えてくださる方、随時募集中(笑)
お待ちしております。

答え
問1
A:決して認めたくはないがインストラクター馬場田
問2
A:逆転のチャンスを逃し、悲しい後姿を撮影された

最新の記事一覧

2019年03月29日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」 今年のテーマは・・・
2019年03月28日
もうすぐ7月予約開始!
2019年03月22日
キャンプ場視察
2019年02月27日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」開催のお知らせ
2019年02月26日
南乗鞍キャンプ場【スタッフ募集】のお知らせ
2019年02月01日
南乗鞍キャンプ場 営業日のお知らせ
2019年01月28日
はじめてのキャンプ~飛騨牛BBQ食べ放題
2019年01月21日
冬の四阿山スノーシュー登山&バラギ湖氷上テント泊
2019年01月16日
飛騨古川 三寺まいり
2019年01月01日
新年あけましておめでとうございます

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る