無印良品 キャンプ場

南乗鞍キャンプ場

subtitle

なべくら高原スノーシューフェスティバル2010

20100202

みなさんこんにちは。田中です。

週末に、スタッフ櫻井に誘われてスノーシューのイベントに行ってきましたので、ちょっとご紹介を。
このイベント、櫻井が学生の頃にボランティアスタッフとして参加していたイベントだそうで、一緒に遊びに行きませんか〜と誘ってくれました。

櫻井「でも〜、田中さんは普段からガンガン雪山入ってるしちょっと物足りないかもですよ〜」
いえいえ、何をおっしゃる。喜んで参加させていただきます!
 
 
この「なべくら高原スノーシューフィスティバル」、国内のスノーシュー取り扱いメーカーが一同に会しての最新スノーシューの展示・試乗・即売会があったり、入門者向けショートツアーやスノーシュー・ナイトハイクがあったり、バックパッカーの加藤則芳氏と信越トレイルを目指すスノーシュー1Dayツアーがあったりと、なんとも賑やかな国内最大級のスノーシューイベントなのです。

morinoie.jpg


【1日目】

ショートツアーに出る前に、各メーカーのみなさんが、それぞれのスノーシューの特徴を説明してくれます。
このイベント、こうした各メーカーの最新モデルや高級機が自由にレンタルできるんです。

maker1.jpg

maker2.jpg

ワタクシも気になって仕方がないエアボードもありましたよ!
airboad.jpg
 

さあ、ショートツアーに出発です。
ガイドさんに動物の足跡や植物を解説してもらいながらのんびりと歩きます。

そして、林を抜けるとこの大雪原!
daisetsugen.jpg

この雪の下は畑だそうですが、3メートル以上積もった今はスノーシューで遊ぶのに格好のフィールドになってしまってます。

櫻井も大興奮!
daisetsugen_saku.jpg
 
 
みんなで急坂を駆け上がって・・・・
active_saka.jpg

ドーン!
doon.jpg

ジャンプしたり、ヘッドスライディングしたり、さまざまに雪と戯れます。



坂の上から見ると、スノーシューの踏み跡もなかなか味がありますね。
ashiato.jpg

ちょっと研究すれば、スノーシュートラッキングとかできそうです。

A 「この足跡を見たまえ。アトラスの2007年型だが、足跡がかなり沈み込んでいるな。この沈み具合からすると体重は80キロ前後と推定される。歩幅が小さくて、歩いてもすぐに立ち止まったような跡が付いているのはのはきっと運動不足なんだろう。」
B 「なるほど、よく見ると踵を引きずったような跡が顕著ですね。ところでセンセイ、隣にもトレースがありますがこれは?」
A 「ウム。これはツガイのメスにちがいない。新型のTSLだな。体重は45キロ前後と思われるが、足跡の角度が右足と左足でずいぶん違うからきっと骨盤がズレているんだろう」

な〜んてアニマルトラッキングできるかも。
 
 
さて、この日の夜は「スノーシュー・ナイトハイク」にも参加してきました。
この日は満月。ヘッドランプいらずの絶好のナイトハイク日和。
満月の穏やかな光と真っ白な雪原の淡い反射で、なんとも幻想的な世界を堪能できました。

night1.jpg


満月の光が樹林帯の中を抜けて雪原の真ん中へ。雪の世界というのはホント静かなんです。ザフッザフッという自分のスノーシューと呼吸の音以外は聞こえて来ません。

ゴロリと寝そべって空を見上げます。
night2.jpg

ゆっくりと流れる雲と星をボンヤリと眺めながら気まぐれに耳元を通り抜けていく風の音を聴きます。


雪玉で作った灯篭です。
night3.jpg

なんとも至福の時間でした。


【2日目】

この日はバックパッカー加藤則芳さんと信越トレイルの稜線を目指します。

今日もいい天気!
joban.jpg

なんとこの日のツアーの参加者は100人近く!スゴいですね〜。
6つのグループに分かれて出発です。
この大雪原もやはり雪の下は畑だとか。

この畑、段々畑だそうで、ところどころ5〜6メートルほどの雪の壁が現れます。もちろんツアーでは迂回して行くのですが、壁が現れるとクライマー魂に火が付くワタクシ、ここはもちろん直登します。
スノーシューを思いっきり雪壁に蹴りこんで、腕を思いっきり雪の中に刺して登ります。

エイヤッ!
snowshoeclimb1.jpg

よいしょっと
snowshoeclimb2.jpg

登り終えたら何食わぬ顔して自分のグループの隊列にもどります。
snowshoeclimb3.jpg


今回ワタクシたちのグループを担当してくれたガイドさんです。
guide.jpg
 

加藤則芳氏も各グループをまわって、ブナの森についてやアパラチアントレイルについてなど、いろいろ面白い話をしていただきました。
kato.jpg
 
 
buna1.jpg
 
 
この左の方、無印良品キャンプ場のメンバーの方でした。
しかも3キャンプ場すべてに行った事があるという常連さん。
takahashi2.jpg

また今年もキャンプ場でお待ちしてますね!
 
 

加藤さんやガイドさん、他のお客さんたちといろいろおしゃべりしながら歩いていたら、稜線に到着、お昼ごはんです。
hiru.jpg
 
おなかがいっぱいになったら下りは、それこそもうフリーダム!
滑ったり、飛んだり、走ったり。コケて顔から雪に突っ込んだり。

誰かが新雪の斜面をバッサバッサと走り出すと、ワタクシも負けまいとその後をバッサバッサと雪を蹴散らしながら追いかけます。

段差を見つけたらとりあえず回っときます。




スタッフ櫻井も真似して一回転!

sakurai_ikkaiten.jpg

しかし、どう見ても頭が刺さっているようにしか見えません・・・

 
みんなで競争も。


 
 
我々のグループは一番人数が少なかったんですが、たぶん一番好き勝手にエクストリームに遊んで、かつ一番まとまりのないグループでした。
 
 
いや〜、楽しい2日間でした。リピーターの方が多いというのも頷けるイベントですね。一緒のグループだったみなさん、お疲れ様でした。
kinen.jpg

最新の記事一覧

2019年10月15日
【道路交通状況】10月15日現在
2019年10月14日
吹くからに 秋の草木のしをるれば~クローズのお誘い
2019年10月13日
10月18日~20日 延長営業のお知らせ
2019年10月13日
台風19号に関して【10/13臨時休業】のお知らせ(10月13日8:00現在)
2019年10月10日
台風19号の影響による【10/12臨時休業】のお知らせ(10月10日現在)
2019年10月08日
クローズイベント巨大牛鍋祭り中止と延長営業のお知らせ
2019年10月08日
台風19号に関してのお知らせ(10月8日現在)
2019年10月05日
開催教室一部変更のお知らせ
2019年10月04日
2019年最後の教室
2019年09月30日
秋探しに出かけよう

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る