無印良品 キャンプ場

南乗鞍キャンプ場

subtitle

豚汁の決め手はズバリ・・・

20091004

みなさんこんにちは。
キャンプ場もすっかり秋の気配。
これから可憐に彩られる紅葉が楽しみですね。
南乗鞍キャンプ場を可憐に彩る紅一点、櫻井迪代です。

今回は10月11日に開催されるクローズイベント『飛騨ブタ豚汁&飛騨の焼酎飲みくらべ』で飛騨ブタ豚汁に使われるお味噌についてお伝えいたします。

南乗鞍キャンプ場の飛騨ブタ豚汁で使わせていただくお味噌は【糀屋 柴田春次商店】さんのお味噌です。今回は糀屋さんにお邪魔をしてお味噌のことを聞いてきました!!

まずご紹介するのはこちらのこうじ味噌。
こうじ味噌は良質の大豆と米糀を合わせて作られる味噌で、1年ほどかけて作られる味噌だそうです。
82B182A482B696A191X.jpg


そして、こちらが田舎味噌。
先ほどとぜんぜん色が違いますよね。
田舎味噌は大豆と麦の糀で作られたお味噌で、期間は1年半くらいかけて作られるそうです。
93c8EC996A191X20.jpg
こちらの田舎味噌は飛騨地方でもっとも愛されている味噌だそうで、昔は各集落で各集落の田舎味噌をみんなで作っていらっしゃったそうです。
こちらの【こうじや】さんの田舎味噌はそんな昔ならではの味を守りながら作られているお味噌だそうです。

やっぱり、試食しないと伝わらないので早速試食へ(笑)

まずは、きゅうりにつけて・・・
こうじ味噌は米こうじの味・香りしっかりとわかるお味噌ですね。
82AB82E382A482E882DD82BB.jpg

田舎味噌は田舎味噌ならではの香り、そして深みがあり、きゅうりとの相性も抜群です。
82AB82E382A482E8.jpg

味噌といえば、やはり味噌汁。
普通に味噌汁を作っても・・・と思い、まず焼いてから水でといてみました。
具はねぎのみ!!
だしも使いません。
ねぎを炒めて・・・
味噌を炒めて・・・
水を入れて・・・
はい!!完成!!
82B182A482B6E0u82DF.jpg


82A282C882A9E0u82DF.jpg


こうじ味噌と田舎味噌のお味噌汁です!!
96A191X8F608140jpg.jpg
えっ!?
この光景前にも見たことあるって??
白いもの左に写ってるって?
さすがはみなさん。
侮れませんね!!

味噌汁→櫻井迪代→食す→ご飯(白米)
そう!!やっぱりご飯は欠かせません
96A191X8F6082Q.jpg

まずはこうじ味噌。
米こうじの香りと柔らかでやさしい味がします。
素材の味を引き立てる、こうじの甘味も最高ですね。
お店の方のオススメは野菜のお味噌汁ということでした。
う〜む。納得。
96A191X8F60814082B182A482B6.jpg

そして、田舎味噌。
田舎味噌ならではの香りと、深みのある味ですね。
先ほどのこうじ味噌が素材を引き立たせる背景のような存在だとしたら、こちらの田舎味噌はこの田舎味噌自体が主役ですね。それだけの存在感と旨みを持っています。
お店の方のオススメは、貝やなめこなどのお味噌汁ということでした。
96A191X8F60814093c8EC9.jpg

そして!そして!その2つを合わせてみると・・・
96A191X938A89BA.jpg
96A191X8F60938A89BA82Q.jpg

私は個人的に「すりつぶし」ではなくこの、大豆の形がしっかりと残る方が好きなのです。
田舎味噌の旨みとこうじ味噌の柔らかなやさしさが見事に1つになり・・・
96A191X938A89BA82R.jpg
強くあっても決してしなやかさ・やさしさを忘れない、まるで私のような味わいです(笑)
「味噌万歳!!」
82DD82BB969C8DCE.jpg

どうですか?
おいしそうですよね〜?
豚汁ではどの味噌を使うのか?
その割合は???
それを知るのは・・・

みなさん来てからのお楽しみです!!
今回の味噌と飛騨ブタを使ったクローズイベントの詳細はこちら!!

最新の記事一覧

2019年03月29日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」 今年のテーマは・・・
2019年03月28日
もうすぐ7月予約開始!
2019年03月22日
キャンプ場視察
2019年02月27日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」開催のお知らせ
2019年02月26日
南乗鞍キャンプ場【スタッフ募集】のお知らせ
2019年02月01日
南乗鞍キャンプ場 営業日のお知らせ
2019年01月28日
はじめてのキャンプ~飛騨牛BBQ食べ放題
2019年01月21日
冬の四阿山スノーシュー登山&バラギ湖氷上テント泊
2019年01月16日
飛騨古川 三寺まいり
2019年01月01日
新年あけましておめでとうございます

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る