無印良品 キャンプ場

南乗鞍キャンプ場

subtitle

ニホンミツバチの巣丸かじり体験

20070920

皆様、こんばんは。
南乗鞍キャンプ場インストラクターの播摩です。

はっきりしないお天気の3連休(15日〜)でしたが、
悪いことばかりの毎日ではありませんでしたね。

15日8:00pmには、スターウォッチングの百瀬先生も
感動するほどの星屑の夜空。木星の横縞模様もくっきり。
天の川の分岐もはっきり見えました。

16日5:30amには、ご覧のような御岳山の朝焼けまでも。


ontake-asayake.jpg

私は、ここ南乗鞍に来て10年近くになりますが、
(留守の年もありました)
台風の影響を受けて、急速に天気が変化するときは、
思いがけない美景を見られる確率が多いと感じて
います。

この3連休時には、絶景にも負けないほど驚きの教室も
開催されました。

その名は、「ニホンミツバチの巣丸かじり体験」。


hachi.jpg
・巣箱を行き来するニホンミツバチ


なぜ、キャンプ場でニホンミツバチ?と思われるかも
しれません。実は、高山市高根町日和田地区(旧高根村)
では、かつて食糧が豊富でなかった頃、ニホンミツバチを
飼育し、蜜を重要な栄養源として摂取していました。
飽食の時代の今では考えられませんが、高根村の食文化を
皆様にお伝えしたくて開催いたしました。


subako.jpg
・講師の丸山先生によって運び込まれた分解式巣箱。
ミツバチを殺さずに蜜を採取できます。


今回は、プロジェクターを使って、ニホンミツバチの生態や
飼育方法等をミッチリと説明。その後、タップリと蜂の巣を
食べました。ブレッドナイフでカットした巣からは、蜜が
たら〜り。黄金色の巣は、まさにフルーティーな味わいでした!!


oyakocut.jpg
・まずは、ナイフで食べやすいサイズにカット。


cut20up.jpg
・近寄ってみると、黄金色に輝いていました。


taru.jpg
・樽に入れて絞った蜜もコッフェルにたっぷり入れて、
お持ち帰りいただきました。


mitsurostart.jpg
・絞りかすを丸山先生からいただき、蜜ろうを作ることに
しました。重さは約90g。さて、何グラムの蜜ろうがとれる
ことでしょう?絞りかすをサラシにくるんで輪ゴムで縛り、
不純物が流れ出さないようにします。


ondomitsu.jpg
・水を入れて、絞りかす入りのサラシ袋を入れました。
融点は70〜80℃くらいでしょうか。加熱しすぎると
変色するとのことです。


yakedo.jpg
・ろうがうまく染み出ていないかんじでしたので、サラシ袋を
温度計で突付いて搾り出すことに。
アチチッ!!「心頭滅却すればろうもまた涼し!」
熱さこらえて搾り出すと、真黄色なろうがサラシの糸と糸の
間からニュルリと出てきました。


gyoko.jpg
・コッフェルが冷めてくると、勝手に蜜蝋と水に分離しました。
これぞ、正真正銘のニホンミツバチのミツロウ。
ハンドクリームを作ったら、どんな使い心地なのでしょうか。


kanseimitsuro.jpg
・浮いた蜜ろうを取り出し、計測すると「90gの絞りかす」が
わずか「19gの蜜ろう」に。欲張りなので、半分くらいは
とれると思っていたのですが・・・。それにしても美しい黄色です。


rupia.jpg
・嬉しくなって、初めて作った出来たてのニホンミツバチの蜜ろうを
アロマクリーム作り教室の的場先生に披露しに行きたくなりました。
(自慢しに行ったとも言います・・・。)
先生のお店/ルピアさんを尋ねると・・・。


shopstaff.jpg
・アポイントなしですから、やはりお留守でした。
ショップスタッフの売谷さんに蜜ろうをお渡し、「的場先生に、これで
ハンドクリームを作っていただくことってできますかねー?」等など
雑談をし、再来することを約束してお店を後にしました。


1050247.jpg
・蜜ろうにもいろいろな形があります。チップタイプ・板タイプ。
ブロックタイプもあるんですよ。どれも用途によって使い分け
ます。産地や花の色などによって色が変わるそうです。


compass.jpg
・用途もいろいろですが、私が蜜ろう単体で使う時は、
防水処理剤として使っています。このコンパスケースも
蜜蝋を塗り込んで防水処理をしています。ドライヤー(低温)で
薄く塗った蜜ろうを溶かし、完全に乾いたら、ストッキングを
丸めたもので、表面を磨き艶を出します。


kawa.jpg
・蜜ろう入りの革製品メインテナンスクリーム。ワークブーツや
グローブ、財布の手入れにもこれ1本で十分です。しっとりして
いい色になり、カビも逃げていきます。


desk.jpg
・こちらも蜜ろう入り。家やキャンプ用テーブルの表面が乾いて
きたらこれを塗っています。


hand.jpg
・キャンプ場のショップで蜜ろう入りのものは?あります。アリマス。
ハンドクリームがありました。

皆さんも周辺の「蜜ろう」を探してみてはいかがですか?
蜜ろうは、意外にも身近なところで使われているんですよ。
蜂ってやっぱり働き者なんですね。


次回の「ニホンミツバチの巣丸かじり体験」は、
10月7日(日)13:00〜14:30です。

ハチミツに対しての考え方を変えたい方、
ご参加をお待ちし申し上げます。

最新の記事一覧

2019年03月29日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」 今年のテーマは・・・
2019年03月28日
もうすぐ7月予約開始!
2019年03月22日
キャンプ場視察
2019年02月27日
「無印良品キャンプ場 外あそび 2019」開催のお知らせ
2019年02月26日
南乗鞍キャンプ場【スタッフ募集】のお知らせ
2019年02月01日
南乗鞍キャンプ場 営業日のお知らせ
2019年01月28日
はじめてのキャンプ~飛騨牛BBQ食べ放題
2019年01月21日
冬の四阿山スノーシュー登山&バラギ湖氷上テント泊
2019年01月16日
飛騨古川 三寺まいり
2019年01月01日
新年あけましておめでとうございます

カテゴリ

バックナンバー

ページの先頭へ戻る