イベントは終了しました。

【遊びながら学ぶ】いつものもしも、くらしの備え

近年増えている地震や自然災害。いつもの日常が、突然もしもに変わる災害の恐ろしさを私たちは再認識させられています。
そんな中、キャンプやアウトドア、外あそびに普段から親しんでいる人は被災時にそのスキルを発揮し、困難を乗り切る事が出来るのではないでしょうか。
防災とは、いわば災害に備える事です。いつものもしもCARAVANは、必要な「物」「知識」「スキル」の3つを楽しく学び、子ども達が家族や友だちと遊びながら「備え」を身につけられるイベントです。

※以前、直江津で開催したイベントの様子になります。

『いつものもしも CARAVAN』開催概要

開催日:
2022年4月16日(土)11:00〜16:00
場所:
モリパークアウトドアヴィレッジ 芝生エリア屋内広場(公式HP
主催:
株式会社良品計画 無印良品 モリタウン昭島(店舗ページ
共催:
昭和飛行機都市開発株式会社(公式HP
目的:
子供たちが遊びを通し、もしもの備えを楽しく学ぶ
参加資格:
どなたでもご参加いただけます。
協力:
昭島市/昭島消防署/昭島市消防団/昭島市教育福祉総合センター アキシマエンシス/株式会社東京チェンソーズ/NPO野外遊び喜び総合研究所あばれんぼキャンプ/株式会社坂茂建築設計/日本セイフティー株式会社/フードバンク立川 他 ※敬称略順不同
お問い合わせ先:
無印良品 モリタウン昭島
電話番号:042-549-2551

いつものもしも防災コンテンツ(芝生会場)

  • 無印良品:「いつものもしも」紙芝居ワークショップ
  • 東京チェンソーズ: 丸太切りのこぎり体験、薪割りと焚火体験、東京の木に触れる広場
  • NPO野外遊び喜び総合研究所あばれんぼキャンプ: ロープワーク体験・野外遊びワークショップ
  • 昭島消防署: まちかど防災訓練車放水体験
東京チェンソーズ
丸太切りのこぎり体験、薪割りと焚火体験、東京の木に触れる広場
NPO野外遊び喜び総合研究所あばれんぼキャンプ
ロープワーク体験・野外遊びワークショップ
NPO野外遊び喜び総合研究所あばれんぼキャンプ
ロープワーク体験・野外遊びワークショップ

いつものもしも防災コンテンツ(屋内会場)

  • 無印良品: 防災EDC(エブリデイキャリー)ポーチ作成セミナー
  • 無印良品・坂茂建築設計: 避難所体験(ダンボールベッド・パーテーション展示)
  • 昭島市: 昭島市防災情報展示、備蓄品展示
  • NPO野外遊び喜び総合研究所あばれんぼキャンプ: 暗闇(目かくし)避難体験
  • 日本セイフティー株式会社: 災害時用仮設トイレ展示
  • 昭島市教育福祉総合センターアキシマエンシス: 防災関連書籍展示
  • フードバンク立川: フードバンク活動紹介と食品回収
  • 昭島消防署: 消防ポンプ車展示
  • 昭島市消防団: 消防ポンプ車展示
無印良品・坂茂建築設計
避難所体験(ダンボールベッド・パーテーション展示)
※以前、直江津で開催したイベントの様子になります。
無印良品・坂茂建築設計
避難所体験(ダンボールベッド・パーテーション展示)
※以前、直江津で開催したイベントの様子になります。
NPO野外遊び喜び総合研究所あばれんぼキャンプ
暗闇(目かくし)避難体験

無印良品ネットストア「くらしの備え。いつものもしも。」

無印良品は、日々の暮らしの中に備えを組み込み「標準装備」することを提案しています。それは、知識もモノも含めて、備えを日常的に身につけること。食料品の買いおきが常にある、日頃から携帯電話の予備電源を持ち歩く、信頼できる情報元を知っておく… そんな小さな積み重ねが一人一人の備える力を高めていくと思うからです。そして日ごろから地域の住民同士のコミュニケーションをとっておくこと。声をかけあうこと。
「くらしの備え」は、そんなところから始まります。