最新情報 > キャンプ場最新情報 > 無印良品サマージャンボリー2006レポート > スタッフより
 
 
近年はめざましい勢いで合理化が進み、四季の移り変わりに関係なくものすごいスピードで時代が流れ、さまざまなものがデジタル化しています。そんな時代の中で、みなさんが3日間過ごした無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場はサマージャンボリーが終わると、涼しい風が吹きはじめ、木の葉が色づき、やがて真っ白な雪に覆いつくされ長い冬を迎えます。

 そして春が近づくとゆっくりと雪が溶け出し、雪に閉じ込められていた動植物たちが、何かを取り戻すかのようにいっせいに動き始め、みなさんの声が響きわたる夏を迎えます。こんな自然の営みが変らずに毎年繰り返され、季節の移り変わりと共にゆっくりとした時間が流れています。

 そんな自然は、嵐のような厳しい日もあれば、風のない穏やかな日もあります。さまざまな表情を見せる自然。無印良品キャンプ場が誕生してから12年、津南・南乗鞍・嬬恋の地域で以前から生活を営み、自然と共に歩んできた地元の方々のように、私達も様々な表情を見せる自然を全て受け入れ、時には自然に依存し、時には自然を守り共生してきました。これからも自然と共に歩んでゆきたいと考えております。

 来年はサマージャンボリーもおかげ様で21回目となります。いたらない点も多々ありましてアンケートあるいは直接、さまざまなご意見、ご感想いただきました。ありがとうございました。問題点などは真摯に受け止め、改善してまいりたいと思います。

 自然の豊かな無印良品キャンプ場に集まる皆様の自然への思いと、人と人の触れ合いを大切にし、より無印良品らいしいサマージャンボリーを目指してゆきたいと考えております。また、来年お会いできることを楽しみにしております。ご参加ありがとうございました。
 
  無印良品キャンプ場
アウトドア教室インストラクター 
鈴木英行
 

無印良品サマージャンボリー2006レポートトップへ戻る


無印良品 無印良品キャンプ場 良品計画企業情報
copyright MUJI Campground
最新情報 > キャンプ場最新情報 > 無印良品サマージャンボリー2006レポート > スタッフより