MUJI Life 商品開発担当ブログ

2009.3.25

無印の鍋

最近のデパートの鍋売り場は、ブランド品がずらりと並び華やかです。そしてどれもお高い…。
売り場でキョロキョロしていると、「それ新色です。サイズお出ししますよ。」と声をかけられ、まるで靴の売り場にでも迷い込んだかのようです。

ブランドの鍋と比べると、無印の鍋は派手ではありませんが、使いやすさを追求した機能美が自慢です。蓋は別売で、ステンレスとガラスが選べます。そんなに背伸びしないで買えるお値段です。

sub02.jpgimg04.gif

まず素材ですが、この図のように、ステンレスに熱伝導のよいアルミを挟み込んだ三層構造になっています。もう少し詳しくご説明しますね。
ステンレスのいいところは、錆びにくく、汚れがつきにくく、丈夫で保温性が高いことです。でも、保温性がいいということは言い換えれば、熱の伝わり方が悪いということ。ステンレス単層の鍋ですと、熱のムラができやすいのです。
ステンレスとアルミの三層構造にすると、ステンレスの丈夫さと保温性、アルミの熱の伝わりやすさ、それぞれの良さを兼ね備えた鍋になるというわけです。ガスでもIHでも使えます。さっと作りたい味噌汁や煮物から、煮豆やシチューのように長い間煮込むものまでマルチに使えます。

今日は、新玉ねぎを使って蒸し鶏を作ってみました。水をほとんど使わないのですが、熱ムラの少ない鍋を使って、とろ火で煮ると野菜も肉もふっくらと仕上がります。作り方はとても簡単です。

材料:新玉ねぎ1個 メークィン2〜3個 ニンジン1本 鶏もも肉1枚(2〜3人分)
鶏肉は軽く塩コショウ。鍋に油小1/2を十分に熱し、皮目から両面こんがり焼く(中火)

IMG_0216.jpgIMG_0220.jpg

いったん肉を取り出し、一口大に切った野菜を炒め、焦げ付いてきたら水を大2ほど加える。塩小1弱、コショウ少々加え(味は好みで)、肉を一番上に置いて蓋をし、15分程蒸し煮にする。(とろ火)

IMG_0224.jpgIMG_0226.jpg

野菜が柔らかくなったら、鍋底からヘラでそっと返し、味を全体になじませ、火を止めて5分ほど蒸らす。

鍋の蓋のつまみや取手も、熱くなりにくいので扱いやすいです。

IMG_0232.jpgIMG_0236.jpg

新玉ねぎの甘味がやさしい一品ができました。

IMG_0238.jpg

洗いやすさも大切な鍋の機能です。まず、重くないこと。そして、内側も外側も、すっきりしていますのでとても洗いやすいです。鍋の表面はヘアライン仕上げですが、この方が、ピカピカしているよりお手入れが簡単です。

IMG_0195.jpgIMG_0245.jpg

ブランドの鍋が何かと話題になる昨今ですが、無印の鍋のその何気ないデザインは、あくまでも使い手に添った、知恵の積み重ねから生まれたものなのです。
仕事柄いろいろな鍋を使い比べていますが、その思いを強くしているこの頃です。

【関連情報】
キッチンツール特集「キッチン、一新。」

コメント

この記事についての投稿は下記の入力フォームからお送りいただけます。注意事項を確認の上、お送りください。

【注意事項】投稿前に必ずお読みください。

投稿いただいた内容は、弊社での内容確認後、掲載させていただきます。通常、公開までに1週間ほどの時間をいただいています。

公序良俗に反する、あるいは特定の人を非議、中傷する発言や表現であると弊社側で判断した場合は、削除および次回からの利用をご遠慮いただくこともございます。あらかじめご了承ください。

いただいたご意見・ご要望・ご回答内容・画像等は、著作権(著作権法第27 条に規定される著作物の翻訳及び翻案権ならびに同法第28条に規定される二次的著作物の利用に関する権利を含みます)、意匠権その他一切の権利を株式会社良品計画とムジ・ネット株式会社に帰属または移転させていただきます。

MUJI rhythm

ネットストアはこちら