MUJI 無印良品

  • メニュー

[終了しました]無印良品 グランフロント大阪
「世界の民芸と暮らしの知恵展」開催のお知らせ

開催:2015年7月17日(金)~8月16日(日)

無印良品 グランフロント大阪では、2015年7月17日(金)~8月16日(日)の期間、「世界の民芸と暮らしの知恵展」を開催いたします。
期間中トークショーを開催し、世界の民芸の魅力をより詳しくご紹介いたします。

[店舗情報] 無印良品 グランフロント大阪

開催日時:
「世界の民芸と暮らしの知恵」
2015年7月20日(月・祝)
16:30~18:00
「世界の民芸とインテリア」
2015年8月8日(土)
16:30~18:00
開催場所:
無印良品 グランフロント大阪 Open MUJI
定員:
各回35名
参加費:
無料
申込方法:
事前に、無印良品 グランフロント大阪の店頭、またはお電話(06-6359-2171)へお申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。

世界の民芸と暮らしの知恵

柳宗悦の民藝運動とは何だったのか。現在においても影響の大きいその運動の私たちにとっての意味について吉田氏に語っていただきます。
2014年に開催された「イメージの力」展で吉田氏と共に実行委員を務めた上羽氏には、インドを中心に世界各地の暮らしの中から見出された民芸品の魅力を紹介いただきます。

開催日時:
2015年7月20日(月・祝)
16:30~18:00
登壇者:
吉田憲司氏(国立民族学博物館教授)
上羽陽子氏(国立民族学博物館准教授)

コーディネーター:辻邦浩氏(Kunihiro Tsuji Design)

世界の民芸とインテリア

民芸ブーム再燃とも言える現在のシーンについて、または暮らしに取り入れるアイデアについて、アートやカルチャーへの広がりも含めて語っていただきます。登壇者には、民芸品を上手に取り入れているくらしのシーンを写真でご紹介いただきます。

開催日時:
2015年8月8日(土)
16:30~18:00
登壇者:
小林和人氏(「Roundabout/OUTBOUND」店主)
鞍田崇氏(哲学者)
江口宏志氏(ブックショップ「UTRECHT」前代表)
上羽陽子氏(国立民族学博物館)

「世界の民芸と暮らしの知恵展」について

世界の民芸品がアートとしてだけでなく、日用品の再評価として多くの人々の注目を再び集めています。
その背景には「人と自然」との関係を見直そうとする意識や、「古いものと新しいもの」を組み合わせて心地よい暮らしを手に入れたいという人々の関心の高まりがあるのではないでしょうか。
この企画展示にぜひご期待ください。

開催期間:
2015年7月17日(金)~8月16日(日)
開催場所:
無印良品 グランフロント大阪 Open MUJI
参加費:
無料

資料提供・解説協力:飯田卓、印東道子、上羽陽子、樫永真佐夫、金谷美和、鈴木七美(50音順・敬称略)

このコーナーには、国立民族学博物館の6人の研究者が、世界を舞台にしたそれぞれのフィールドワークの中で目を留めた品々が並びます。
タイトルにある「民芸」という言葉は、もともと柳宗悦らを中心とした民芸運動を通じて生まれたものですが、ここでは、それを広く世界各地の人びとの生活の中で育まれてきた工芸に当てはめています。
世界各地の人びとがものづくりにこめた思いや知恵に目を凝らしてみてください。

国立民族学博物館 教授 吉田憲司

協力:国立民族学博物館

会場の様子