衣服の素材別のお手入れ方法について教えてください

衣服のお手入れについてのポイントや注意点をまとめました。
ご家庭でのお洗濯は、衣類に表記されている「取扱絵表示(洗濯表示)」にしたがってください。
→取扱絵表示(洗濯表示)についてはこちら
素材 お手入れのポイント・注意点
・衣類についている取扱絵表示を見て、洗濯機で洗えるのかドライクリーニングなのかをご確認ください。
・蛍光増白剤入りの洗剤の使用は避けてください。
・毛羽立ちやすいので、揉み洗い、擦り洗いは避けてください。
・洗濯機で洗う場合は、ネットを使用し多目の水で洗ってください。
・柔軟剤や洗濯のりを使用すると、ある程度繊維のチクチク感が防げます。
・洗濯後は形を整えて、洗濯絵表示通りに日陰の吊り干し、または平干ししてください。
・セーターやカットソーはねじれが生じることがあります。衿、前立て、脇線、袖下線などのポイントを整えてから干してください。
・しわがついたら霧吹き後、高温アイロンまたはスチームアイロンをあててください。
シルク ・濡れた状態で摩擦すると毛羽立ちやすいので、水洗いできるものでも強くこすらないでください。
・紫外線に弱く色あせしやすいので、窓辺や蛍光灯の下に置かないでください。
羊毛 ・長時間の着用は型崩れや毛玉の原因になりますので、1日着たら休ませてください。
・しわがついたら当て布をして、スチームアイロンをあててください。
・汚れはすぐにとってください。(油性はベンジンで、水性は水洗いで応急処置をしてください。)
ウール ・シーズン後はドライクリーニングへ出してください。
・虫やカビを防ぐため防虫剤を入れて保管してください。
カシミヤ ・長時間の着用は型崩れの原因となりますので、1日着たら休ませてください。
・着用後は、柔らかいブラシで表面のホコリやゴミを払い毛並みを揃え、風通しのいいところで陰干しをしてください。(長時間吊るすと型崩れの原因になりますので、できるだけ平干しにしてください。)
・食べこぼしや汚れはクリーニングに出し、防虫剤を入れて、風通しの良い場所にたたんで保管してください。ハンガーなどに吊るすと型崩れの原因となります。
ポリエステル ・洗濯しても形くずれしにくく、乾きやすい。
・水洗いで縮みにくい。
アクリル ・熱に弱いのでアイロンは低温でかけてください。
・ざっくりしたニット等は吊り干しすると重さで伸びることがあります。
ポリウレタン ・アイロンは低温でかけ、スチームは使用しないでください。
・塩素漂白で変色、劣化するのでご注意ください。
・乾燥機は使わずに、陰干しをしてください。
レーヨン ・水洗いできる物でも、ゴシゴシこすったり、かたく絞らないでください。
・しわがついたら、中温アイロン(140度~160度)、またはスチームアイロンをあててください。
→インナーウェアのお手入れ方法はこちら