無印良品 キャンプ場

みんなの外あそび | No.131
外を写したら部屋に飾ろう

おうち写真展のススメ

牧野慎吾/カメラマン

みなさん、外に遊びに行った時撮った写真、どうしてますか?
「SNSで友達とシェアしてるよ~」っていう人もいると思いますが、撮りっぱなしの人も多いんじゃないでしょうか?

menu131_img1.jpg

実は僕、二〇一五年十月に写真展を開催しました。すべて岩を登ってるクライミングの写真だけで。前回の写真展は、スタジオで撮影した植物の写真でした。人間変わるもんだなあ(笑)。

写真展の会場では、クライミングをしたことのない人には岩に興味を持っていただけたらって思いながら、写真の解説をしました。一緒に登りに行ったクライマーとは写真を見ながら、「あの時は~」とか思い出話をしながら楽しいお酒を呑めました(笑)。いろいろな感想をいただきました。準備から始まり展示をして、ご来場いただいたみなさんと写真を見ながらお話しをして、結果、僕自身の思い出の整理にもなりました。

menu131_img2.jpg

そして、これって外あそびの良い形の延長なんじゃない? って思いました。

クライミングに行った時、登山に行った時、キャンプに釣りに、何でもいいです。外あそびにカメラを持って行く人、結構多いと思います。スマートフォンでもいいです。その写真を肴に、みんなで美味しいお酒を飲みませんか? 外で楽しんでもう一回おうちでも楽しんじゃいましょう! いろんな写真をプリントして、リビングの壁などにかわいいマスキングテープなんかでペタペタ貼って。自分の分じゃ足りなかったら写真を持ち寄るのも良いと思います。

menu131_img3.jpg

当たり前の話ですが、クライミングは取りに行かなきゃ次のホールドは取れません。写真も撮りに行かなきゃ撮れません。そして、見てもらう場を作らなきゃ折角の写真も見てもらえません。写真の良し悪しなんてどうでもいいんです。クライミングしていれば人前での失敗なんて当たり前。気になるあの人の前でも相当恥ずかしい格好で落ちてきます(笑)。

せっかく外で遊んで楽しかった思い出です。どんどんみんなに見せつけちゃってください。そうしたらきっと、次に外に遊びに行った時に、写真を撮るのがもっと楽しくなるんじゃないかなあ、って思います。

次はどこの岩場に行こうかなあ。どんな打ち上げ写真展やろうかなあ!

牧野慎吾|1976年東京生まれ。30代半ばで出会ったクライミングにどっぷりはまりました。クライミング無しでもキャンプしたりフェス行ったり。普段は自分の事務所でお洋服など商品の撮影をしてることが多いです。 Facebook>SngM Photograph

いっしょに読む